パークアクシス両国
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:土日祝(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ墨田区借りる前に知っておきたい、パークアクシス両国の裏話。
情報更新日:2018-10-14

江戸の香りと相撲の賑わい 両国に建つ洒落たレジデンス【パークアクシス両国】

メイン写真

両国と言えば何といっても、両国国技館だ。私は、平成元年春場所に行われた、千代の富士と大乃国の横綱同士の戦いが忘れられない。その日、私は両国国技館の客席に居た。横綱同士の戦いで、千代の富士は自分の体の二倍はありそうな張出横綱の大乃国を投げ、左肩を脱臼しながら優勝した。「自分の鍛え方がダメなので、肩を壊した」千代の富士は優勝インタビューでそう語った。ウルフの愛称で親しまれ、小さな体を鍛えることで大きな力士を組み伏せたその姿に、観客は惜しみない拍手を送ったのだった。
毎年、そうした熱い戦いが繰り広げられる相撲の聖地が近くにあり、付近には相撲に因んだ名所が多い場所に、今回、取材する物件がある。

相撲の聖地 両国国技館 (約1200m/徒歩15分)

相撲の聖地 両国国技館 (約1200m/徒歩15分)

落ち着いたエントランスのデザインで住む人の心を癒す

落ち着いたエントランスのデザインで住む人の心を癒す

パークアクシス両国は、ひとり暮らしやカップル向けのデザイナーズ物件として、2012年に竣工された。鉄筋コンクリート造の地上11階建てのお洒落な建物だ。京葉道路と清澄通りから一歩入った、2方向道路の角地に建っている。
外観のデザインは、白基調で薄いブラウンとのツートーンがアクセントを効かせている。木の感触がする扉を開けてエントランスに入ると、まずは江戸小紋や江戸唐紙を取り入れたアートのあるホールへと誘われた。柔らかい光と、緑に包まれた穏やかな空間で、しばしアートを鑑賞する。ホールをはじめとした共有部分には、江戸の伝統文化を随所に取り込んでいることが特徴だ。
一方、この物件は立地条件が良いことも特徴だ。都営地下鉄大江戸線とJR総武本線の両国駅へは歩いて6分の距離にあり、都営地下鉄大江戸線と都営地下鉄新宿線が乗り入れる森下駅にも、歩いて9分でアクセスできる。それらの交通手段を使えば、新宿駅へは13分、東京駅には7分とビジネス街へのアクセスもスムーズだ。渋谷や六本木といった繁華街へもアクセスしやすく、働くにも遊ぶにも便利な街と言える。

パークアクシス両国外観 洗練されたデザインの建物だ

パークアクシス両国外観 洗練されたデザインの建物だ

両国という土地がら、相撲に因んだ町ならではの店が付近には多い。美味しいちゃんこ料理の店が多く、ヘルシーなちゃんこ鍋に舌鼓を打つこともできる。元横綱の料理店が多い横綱横丁は、相撲ファンならずとも一度は訪れる価値のある場所だ。熱烈な相撲ファンにとっては大切な情報が纏められている、歴代の名勝負を写真で綴る相撲写真館はおさえておくべきところだろう。
また、両国国技館に隣接する江戸東京博物館では、江戸の成り立ちや下町の暮らしぶりなどが展示を通して学ぶことが出来る。
隅田川が両国駅のすぐ傍を流れており、散歩がてら川べりを歩いてみると、水上バスの発着所があった。両国から隅田川をクルーズして、浅草やお台場、葛西臨海公園を結ぶ水辺の旅に出かけることもできる。桜の季節には桜を愛でるための限定コースがあったり、隅田川の橋をめぐるクルーズなど、いろいろな趣向を凝らしたコースがあるそうだ。ナイトクルーズに参加すれば、イルミネーションも楽しむことができ、いつもと違う光景にリフレッシュできるのではないだろうか。

横綱横丁 (約1000m/徒歩13分)ちゃんこ料理や焼き鳥店などが並ぶ。

横綱横丁 (約1000m/徒歩13分)ちゃんこ料理や焼き鳥店などが並ぶ。

暮らしやすく、江戸から続く伝統文化に触れ合える両国。
その両国で、鍛え抜かれた技や腕力で相手を倒す、憧れの横綱だった千代の富士の雄姿を二度と見ることが出来ないことが、寂しい。名勝負を間近で見せてくれた千代の富士に感謝を伝えたい。
両国国技館は、新しい時代を切り開く大横綱が世に出てくることを待っている。そして両国に暮らす人々もまた、熱い思いで、大相撲の今と未来を見つめているに違いない。

パークアクシス両国 物件概要

物件名称 パークアクシス両国MAP 所在地 東京都墨田区緑1丁目5番13
賃料 --- 円 交通 都営大江戸線「両国」駅徒歩6分
間取 1LDK,1K 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上11階 築年月 2012/08
総戸数 58戸 管理人 通勤
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

デザイン性が高く機能美を追求した住まい

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスは、デザイナーズマンションなだけあって洗練されている。エントランスのすっきりとしたデザインだけでなく、住む人を優しく迎え入れるようなロビーのデザインは、機能にも無駄がなく、日々を快適に暮らすことができそうだ。

安心して住めるトリプルセキュリティ

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

カメラ付きのオートロックのエントランスに、鍵をかざすことでセキュリティを解除できるエレベーターが設置されている。防犯対策もしっかり行われていて住む人にとっては何より安心だ。さらに、玄関にも防犯対策がなされており、トリプルセキュリティとなっている。防犯カメラや管理人による巡回管理と合わせて、高いセキュリティで安心できる空間を提供している。

駐輪もゴミも宅配便も充実の共有設備

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

建物裏側から直接出入りできる駐輪場は、セキュリティ面でもしっかり管理されており、住む人以外は入室が出来ない。また、バイク置き場や駐車場は、建物の前面と背面に確保されており、いつでも出入りが可能だ。エントランス横には、宅配ボックスが設置されているほか、24時間いつでも捨てることができるゴミ出し場があるので、自分の生活リズムを崩すことなく暮らすことができるのもありがたい。

MAP

江戸東京博物館 (約1200m/徒歩15分)<br>江戸東京の歴史と文化について、豊富な資料や復元模型をとおして楽しみながら学べる。 犬猿の仲だった薩摩と長州を結びつけ、大政奉還を実現した坂本龍馬。突然の襲撃により命を落としてから150年。坂本龍馬展を4/29-6/18の期間で開催中(2017年6月15日現在)

江戸東京博物館 (約1200m/徒歩15分)
江戸東京の歴史と文化について、豊富な資料や復元模型をとおして楽しみながら学べる。 犬猿の仲だった薩摩と長州を結びつけ、大政奉還を実現した坂本龍馬。突然の襲撃により命を落としてから150年。坂本龍馬展を4/29-6/18の期間で開催中(2017年6月15日現在)

JR両国駅(約1200m/徒歩15分) 駅舎がクラシカルで人気が高い。

JR両国駅(約1200m/徒歩15分) 駅舎がクラシカルで人気が高い。

吉良上野介像 吉良邸跡(本所松坂町公園)(約800m/徒歩10分) 東京都指定旧跡で、吉良上野介邸の一部を保存している。

吉良上野介像 吉良邸跡(本所松坂町公園)(約800m/徒歩10分) 東京都指定旧跡で、吉良上野介邸の一部を保存している。

旧安田庭園(約1200m/徒歩15分)江戸時代は本庄松平氏の下屋敷だった。かつては隅田川の水を取り入れ、隅田川の干満を利用し、眺めの変化を鑑賞する庭園だった。

旧安田庭園(約1200m/徒歩15分)江戸時代は本庄松平氏の下屋敷だった。かつては隅田川の水を取り入れ、隅田川の干満を利用し、眺めの変化を鑑賞する庭園だった。

相撲写真資料館(約1000m/徒歩13分)千代の富士の横綱としての活躍が綴られているコーナーもある。

相撲写真資料館(約1000m/徒歩13分)千代の富士の横綱としての活躍が綴られているコーナーもある。

隅田川水上バス乗り場(約1200m/徒歩15分)川べりの隅田川テラスは、散歩に最適。

隅田川水上バス乗り場(約1200m/徒歩15分)川べりの隅田川テラスは、散歩に最適。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/6/6 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.