パークアクシス日本橋本町
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ中央区借りる前に知っておきたい、パークアクシス日本橋本町の裏話。
情報更新日:2017-10-17

家に帰るとアートがお待ちかね? 日本橋再生の旗手 【パークアクシス日本橋本町】

メイン写真

ビルがひしめく中央区・日本橋本町。ここは、「日本橋再生計画」と題して、官・民・地元が一体となって押し進めている大規模な複合再開発の中心地である。日本橋の伝統と文化を受け継ぎ、さらなる賑わいを生み出すのがこの再開発の目的だ。開発の目玉として、2010年に大型商業・娯楽施設、「コレド室町」が建設され、この周辺の賑わいは一気に増した。「パークアクシス日本橋本町」も、その開発の一環として、2013年に建設されたレジデンスだ。近年、一段と活気が増したこの地域に住むなら、今が好機と言えるだろう。

パークアクシス日本橋本町エントランス外観

パークアクシス日本橋本町エントランス外観

エントランスオブジェ~水の波紋~ アーティスト中林武治(たけはる)氏の作品。国内外のホテルでアートワークやモニュメントを多数手がけている。

エントランスオブジェ~水の波紋~ アーティスト中林武治(たけはる)氏の作品。国内外のホテルでアートワークやモニュメントを多数手がけている。

外から見えるメインエントランスアプローチには、日本古来の文化・伝統の手仕事を継承する様々なアーティストが造り出したアートワークを展示している。アプローチのすぐ右側には、移りゆく光と時間を投影したエントランスオブジェ、”the ripple of water" ~水の波紋~がある。側面は鉄をたたき、金属の素材が持つ対比を際立たせている作品だ。周辺の植栽の緑と調和して、実にミステリアスな情景を創り出している。
また、メインエントランスロビーには、江戸小紋からインスピレーションを受けたという、壁面アートが展示されている。漆工芸の伝統技法を使って、異なった素材の組み合わせにより出てくる皺や、素材生地の味わいを表現し、それらを一つに調和させている。作者は、「アートの中に江戸の粋を反映したかった」と想いを語っている。
ラウンジチェアは、金属を曲げて、座面だけが丸く、人のお尻が収まりやすい形にデザインされている。
和のテイストを感じながら、モダンなアートに癒される毎日を住む人に提供したいのだ。エントランスは、アーティスティックで心地良い、江戸と現代の融合した安らぎの空間となっていた。

ラウンドチェア~AD-HOC~ デザインは、フランス生まれの建築家 Jean Marie Massud氏が担当。

ラウンドチェア~AD-HOC~ デザインは、フランス生まれの建築家 Jean Marie Massud氏が担当。

日本橋エリアでは、三井不動産が中心となり日本橋再開発計画を進めている。2014年には、「コレド室町2・3」の開業で、様々な商業施設の機能を融合し、互いに関連性をもたせながら日本橋の一体的な街づくりを目指した。
目下、第2ステージのプロジェクトに入っている。2018年の完成を目指し、重要文化財である高島屋日本橋店を保存して、東側と北側の地域に、オフィスなどからなる超高層複合ビルを建設する予定だ。高島屋日本橋店の屋上には緑に囲まれたオープンテラスが整備される予定である。
一方、さらにその北側では、低層の商業施設棟などの建設が進んで、地下部分で繋がるよう、交通網や連絡経路を作るなどアクセスの強化が検討されている。 伝統と現代の融合を狙って、全く新しい街づくりを続けているわけだ。その日本橋から歩いて5分の距離にあるパークアクシス日本橋本町。日本橋の老舗デパートをはじめ、新しく完成した商業施設の傍にあり、日常的に日本橋の勢いを肌で感じることが出来るというのは、なんともエキサイティングな環境ではないだろうか。

壁面アート~No Title~ アーティスト東端唯(ゆい)氏の作品。細かい素材の組み合わせは、江戸小紋から影響を受けた。遠目と近接で柄が変わる。

壁面アート~No Title~ アーティスト東端唯(ゆい)氏の作品。細かい素材の組み合わせは、江戸小紋から影響を受けた。遠目と近接で柄が変わる。

江戸と現代の融合をレジデンスのコンセプトに掲げ、粋なアートワークで住む人を出迎える心遣い。これこそが、日本橋再生計画の原点である、〝残しながら、蘇らせながら、創っていく″心ではないだろうか。この先どんなアートが出迎えてくれるのか楽しみだ。日本橋の「粋」を、このレジデンスで感じるのも、悪くない。

パークアクシス日本橋本町 物件概要

物件名称 パークアクシス日本橋本町MAP 所在地 東京都中央区日本橋本町4丁目6番8号
賃料 --- 円 交通 東京メトロ銀座線「三越前」駅徒歩6分
間取 1R 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上14階 築年月 2013/02
総戸数 49戸 管理人 通勤
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

都会的で柔らかな装いの外観

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

「パークアクシス日本橋本町」は、大規模再開発の中心地という華々しい場所にありながら、圧迫感や、仰々しさを感じさせない、穏やかで落ち着いた日々が送れそうな、そんな雰囲気をまとっている。白と茶色の独特なデザインの外観や、リラックスした気持ちになるエントランス部のアートなど、入居者が愛着を持って暮らすことのできる工夫がされている。

充実の共有設備安心のセキュリティ

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

建物はオートロックで、不審者の侵入を抑制する3段階のセキュリティを設けた「トリプルセキュリティ」を採用している。女性の一人暮らしにも安心だ。また、共有部には24時間受け取りが可能な宅配ボックスや、屋内駐輪場を装備するなど住人への配慮が行き届いている。

MAP

2010年にオープンし、今や日本橋のランドマークタワーにもなっている「コレド室町(約650m/徒歩8分)」。<br>全3館に分かれ、それぞれに老舗有名店、人気店がそろったフードエリアや、日本橋では初というシネマコンプレックス、選び抜かれたアイテムがそろう雑貨・インテリアスペースなどがある。<br>来訪者を多方面から満足させる複合型施設だ。

2010年にオープンし、今や日本橋のランドマークタワーにもなっている「コレド室町(約650m/徒歩8分)」。
全3館に分かれ、それぞれに老舗有名店、人気店がそろったフードエリアや、日本橋では初というシネマコンプレックス、選び抜かれたアイテムがそろう雑貨・インテリアスペースなどがある。
来訪者を多方面から満足させる複合型施設だ。

ファミリーマート神田岩本町一丁目店(約100m/徒歩1分)

ファミリーマート神田岩本町一丁目店(約100m/徒歩1分)

神田須田町郵便局 (約100m/徒歩1分)

神田須田町郵便局 (約100m/徒歩1分)

福徳神社(約650m/徒歩8分)1000年にわたって日本橋を見守ってきた神社が再建された。

福徳神社(約650m/徒歩8分)1000年にわたって日本橋を見守ってきた神社が再建された。

福徳の森(約650m/徒歩8分)三井不動産が進める日本橋再生計画で2016年に誕生した。ランチにちょうどいい空間だ。

福徳の森(約650m/徒歩8分)三井不動産が進める日本橋再生計画で2016年に誕生した。ランチにちょうどいい空間だ。

老舗デパート三越本店へ歩いていける。(約800m/徒歩10分)

老舗デパート三越本店へ歩いていける。(約800m/徒歩10分)

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/05/17 山本豊

こんな記事も読まれています



repoter山本豊

山本豊

戸建のような住み心地のマンションを探すのが生き甲斐。いつかは海を眺めながら、潮の香りのそばで暮らすことを夢見ている。家庭菜園が趣味。

MAPAレポーターの紹介 〉
Copyright 2016 Casa inc. All Rights Reserved.