ルミレイス豊洲
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ江東区借りる前に知っておきたい、ルミレイス豊洲の裏話。
情報更新日:2017-10-15

豊洲の緑を創り出す ハイタワーレジデンスの秘密【ルミレイス豊洲】

メイン写真

今回の取材は、私がかねてから行ってみたかった場所、豊洲だ。地下鉄有楽町線の豊洲駅で電車を降り、地上へと続く階段を上る。突然目に飛び込んできたのは、摩天楼だった。これが豊洲の町か。駅の周辺には巨大な高層ビルが立ち並び、人々も活気に満ち溢れている。まるで未来都市の様だ。ショッピングモールのららぽーと豊洲のモール街を抜け、港に面した臨海公園に出る。
そこには巨大なクレーンと、大きなスクリューがあった。これぞまさしく、豊洲の町のシンボルだ。造船所でタンカーやコンテナ線を造り、海上自衛隊の艦船の整備などをしていた名残だ。1940年代には、ここが造船所だったことを物語っている。

ららぽーと豊洲にあるアーバンドック(約300m/徒歩4分)。かつての造船所跡を臨海公園にした。船のスクリューとクレーンが残されていた。

ららぽーと豊洲にあるアーバンドック(約300m/徒歩4分)。かつての造船所跡を臨海公園にした。船のスクリューとクレーンが残されていた。

ルミレイス豊洲の免震層から壁をつたう植栽。

ルミレイス豊洲の免震層から壁をつたう植栽。

豊洲は、もともとは1923年の関東大震災の後、被災で出た瓦礫の処理で埋め立てられた土地だった。この埋め立てられた土地が豊かになるようにと、将来への発展の意味も込めて1937年に“豊洲”と名付けた。その後、工業地として発展し、20世紀前半までに、石川島播磨重工業などの工場、新東京火力発電所などの他に様々な流通設備がやってきて、日本の工業を支えるほどに発展した。
しかしその後、豊洲の未来を変える出来事が起きる。1988年に地下鉄有楽町線の豊洲駅が開業したのだ。さらに1993年には、首都高速10号線の延伸が発表され、これにより都心へのアクセスが飛躍的に良くなった。次々に商店や社宅等も立ち並び、当時は珍しかったスポーツクラブが建設され始めた。
さらに、1997年には、東京都が「豊洲・晴海開発整備計画改定」を策定したのに伴い、さまざまな施策が打ち出され、日本の高度成長を支えた工業都市が、高層マンションが立ち並ぶ市街地へと姿を変えていった。近年では、マンション建設ラッシュが始まり、商業地や住宅地への移行がさらに進んでいるというわけだ。

二階のテラス部分では、緑の植栽がぐるっと建物を取り囲む。

二階のテラス部分では、緑の植栽がぐるっと建物を取り囲む。

その一つが、今回取材するルミレイス豊洲だ。鉄筋コンクリート造りの地上17階建てのハイグレードレジデンスで、2016年に完成した。建物の構造は免震構造で、強い揺れが来ても免震層が吸収する仕組みを持っている。外観を見ると、建物の2階部分を緑の植栽が覆っている。しかもその緑は、1階の免震層から出ている植物と繋がっているのだ。夏になれば、建物の1階と2階が緑で繋がって、建物の壁面は緑色に覆われるという。ルミレイス豊洲は、1階の外構・免震層と2階のテラス部分の緑を立体的につないで、緑豊かな空間を創り出した。このことが、豊洲の環境とコミュニティに配慮していると評価され、「極めて優れた環境・社会への配慮がなされたビル」としてDBJ Green Building認証が与えられている。このDBJ Green Building認証とは、環境や社会への配慮がなされた不動産を支援する認証制度のことだ。また、もう一つ名誉なことに、公益財団法人日本デザイン振興会が主催の、2016年度のグッドデザイン賞にも選ばれている。世の中から外観のデザインと環境に配慮してきたこれまでの取り組みが認められた証だ。

ルミレイス豊洲 テラスから伸びる緑は、環境に対してやさしさを提供する。

ルミレイス豊洲 テラスから伸びる緑は、環境に対してやさしさを提供する。

造船からはじまった豊洲の歴史。時代の流れとともに、その役割も変わっていった。かつては、日本を背合う重工業に関わる船を造っていたこの場所が、今では、たくさんの人々の夢を育む拠り所となっている。それどころか、一歩進んで、環境に配慮しながら高層ビルを町に馴染ませる試みが始まっている。

ルミレイス豊洲。緑のゆりかごは、今をゆっくり進んでいる。

ルミレイス豊洲 物件概要

物件名称 ルミレイス豊洲MAP 所在地 東京都江東区豊洲5丁目5番18号
賃料 --- 円 交通 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅徒歩2分
間取 3LDK,2LDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上17階 築年月 2016/01
総戸数 300戸 管理人 通勤
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

再開発エリアでひと際洗練された建物

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

豊洲は再開発でできあがった街。ビルは未来都市のように無機質な姿だが、緑の植栽が街のあちこちに配されている。環境に配慮された街の雰囲気と調和するルミレイス豊洲は、住む人に上質な満足感を与えてくれるはず。最寄りには公園やショッピングモールなどがあり、便利に暮らせる環境だ。

共用部も専有部も充実の設備が満載

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

共用部にはオートロックや防犯カメラ、ディンプルキーを採用し、有人のコンシェルジュサービスがあるなど、セキュリティをしっかり整備し、防犯面でも充実させている。
屋根付き駐輪場やバイク置き場、そして広い敷地の駐車場も完備しており、共有部の設備は充実している。また2階には、ミーティングルームや、スタディルームなども用意しており、静かに話し合いや学習が出来る環境を整えているところも嬉しい。

MAP

豊洲駅(約300m/徒歩4分)。通勤や通学にも便利で、交通への利便性が嬉しい。<br>豊洲駅から銀座へは地下鉄有楽町線と地下鉄日比谷線を使って18分、東京へは地下鉄有楽町線とJR山手線を使って18分と、都心へのアクセスには便利な距離だ。<br>最近では、レンタル自転車を利用して、銀座へショッピングに出かけることが、豊洲で流行しているそうだ。

豊洲駅(約300m/徒歩4分)。通勤や通学にも便利で、交通への利便性が嬉しい。
豊洲駅から銀座へは地下鉄有楽町線と地下鉄日比谷線を使って18分、東京へは地下鉄有楽町線とJR山手線を使って18分と、都心へのアクセスには便利な距離だ。
最近では、レンタル自転車を利用して、銀座へショッピングに出かけることが、豊洲で流行しているそうだ。

豊洲シエルタワー 食品や小物などが手に入るモール街。(約100m/徒歩2分)

豊洲シエルタワー 食品や小物などが手に入るモール街。(約100m/徒歩2分)

食品のスーパーマーケット さかがみ (約100m/徒歩2分)

食品のスーパーマーケット さかがみ (約100m/徒歩2分)

ららぽーと豊洲(約650m/徒歩9分)

ららぽーと豊洲(約650m/徒歩9分)

豊洲公園の沖合を進む水上バス(約600m/徒歩8分) 東京湾クルーズ 豊洲発浅草行きは、1日2便~3便 料金大人1080円

豊洲公園の沖合を進む水上バス(約600m/徒歩8分) 東京湾クルーズ 豊洲発浅草行きは、1日2便~3便 料金大人1080円

江東区臨海部のコミュニティサイクル レンタル自転車のスタンドが駅前周辺にある。(約100m/徒歩2分)

江東区臨海部のコミュニティサイクル レンタル自転車のスタンドが駅前周辺にある。(約100m/徒歩2分)

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/05/11 山本豊

こんな記事も読まれています



repoter山本豊

山本豊

戸建のような住み心地のマンションを探すのが生き甲斐。いつかは海を眺めながら、潮の香りのそばで暮らすことを夢見ている。家庭菜園が趣味。

MAPAレポーターの紹介 〉
Copyright 2016 Casa inc. All Rights Reserved.