アトラスタワー六本木
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ港区借りる前に知っておきたい、アトラスタワー六本木の裏話。
情報更新日:2020-10-10

ギリシャ神話のうっかりさんをご存じ?【アトラスタワー六本木】

メイン写真

今回紹介するマンションは、アトラスタワー六本木。旭化成が展開するマンションブランド、アトラスシリーズのひとつだ。
アトラスとはギリシャ神話の巨人の神だ。オリンポスの神々との戦いに敗れ、罰として天が落ちてこないように肩で支える羽目になったという。彼には、かの有名な英雄ヘラクレスとの、少々間の抜けたエピソードがある。
あるとき、天を支えているアトラスのもとにヘラクレスがやってきた。このときヘラクレスは、黄金のリンゴを盗み出すという難題を課せられていた。ここでアトラスは策を巡らせる。自分が代わりにリンゴを取ってくるから、その間天を背負っていてくれと申し出たのだ。
かくしてアトラスは天の重みから解放されたが、話はここで終わりではない。彼は律儀にも約束通りリンゴを手に入れて、ヘラクレスのところへ戻ってきたのである。そして、リンゴを届けてきてやるから、まだしばらく天を支えていてほしいと頼んだのだ。彼の企みに気づいたヘラクレスは、騙されたふりをしながら、天を支え続けるのは辛いからコツを知りたいと教えを乞うた。アトラスがまんまと引っかかり、手本を見せようと再び天を背負ったところで、ヘラクレスはリンゴを手に去ったのだった。アトラス、なかなかのうっかりさんである。

東京ミッドタウン。ショップやレストラン、美術館、イベントスペース、緑地など、さまざまな施設からなる複合都市。

東京ミッドタウン。ショップやレストラン、美術館、イベントスペース、緑地など、さまざまな施設からなる複合都市。

アトラスタワー六本木の外観。どの角度から見ても、すらりと縦に長い印象。

アトラスタワー六本木の外観。どの角度から見ても、すらりと縦に長い印象。

うっかりエピソードはともかく、天を支える役目を負わされるとは、アトラスは相当な怪力の持ち主だったようだ。その名を冠したマンション名から、いかついフォルムの建物を漠然と想像しながら、私は現地に向かった。
だが、眼前に現れたのは、その予想を裏切るスマートなマンションだった。アトラスタワー六本木は、地上29階、地下2階建てで、総戸数は90戸。すらりと伸びた立ち姿がスタイリッシュだ。
そのすっきりとした建物の中には、数々の共用設備が整えられている。留守がちでも荷物を受け取りやすい宅配ロッカーや、各階に設けられたゴミ置き場は、忙しい毎日に便利な存在だ。駐車場や駐輪場も用意され、愛車を安心して停めておくことができる。そのほか、ラウンジやミーティングルームといった施設も設けられている。
多角的なセキュリティ対策にも触れておきたい。オートロックや防犯カメラはもちろん、防犯窓センサーやドアセンサー、セキュリティシステムも採用。さらに、エントランスの先にはフロントカウンターを設置し、人の目によるチェックも行っている。抜けたところのある巨人アトラスとは違って、暮らしの安全をしっかりと守ってくれそうだ。

広々としたエントランスホール。スロープ付きで、バリアフリーへの配慮も感じられる。

広々としたエントランスホール。スロープ付きで、バリアフリーへの配慮も感じられる。

アトラスタワー六本木の魅力を語る上で、もうひとつ欠かせないのがその立地だ。最寄りは都営大江戸線の六本木駅。駅からマンションまでは徒歩3分という好立地である。
さすが六本木と感嘆したのが、周辺施設の充実ぶりだ。徒歩2分の距離に東京ミッドタウンが、徒歩9分の距離には六本木ヒルズがある。いずれも、言わずと知れた流行の発信地だ。
また、芸術鑑賞が好きな方にとってもこのマンションは魅力的だろう。徒歩1分の距離に位置する国立新美術館を筆頭に、森美術館、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHTなど、徒歩圏内に数々の美術館がある。

最寄りの六本木駅のほか、乃木坂駅、青山一丁目駅も利用可能。

最寄りの六本木駅のほか、乃木坂駅、青山一丁目駅も利用可能。

そういえば、「アトラス」には「地図帳」という意味もある。メルカトル図法で知られる地理学者・メルカトルが、作成した地図帳に地球を支えるアトラスの絵を用いたことに由来するそうだ。
取材を終えて見上げたアトラスタワー六本木は、空に向かってすんなりと伸びていた。多彩な長所を備えたこのマンションは、都心での充実した暮らしへと案内してくれる、スリムな巨人なのかもしれない。

アトラスタワー六本木 物件概要

物件名称 アトラスタワー六本木MAP 所在地 東京都港区六本木7丁目7番13号
賃料 429,000 円 交通 都営大江戸線「六本木」駅徒歩3分
間取 2LDK,1LDK 専有面積 76.07㎡
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上29階地下2階 築年月 2010/02
総戸数 90戸 管理人 常駐
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

充実の共用設備と手厚いセキュリティ対策

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

機械式の駐車場は、愛車を風雨や盗難から守ることができる。2階に設けられたラウンジとミーティングルームは、高級感のある空間だ。セキュリティ面では、オートロックや防犯カメラといった装置に加え、フロントカウンターも設置。住人の暮らしを守っている。

自然の潤いあふれる公開空地

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

建物の周囲には公開空地が設けられ、さまざまな種類の草木が植えられている。取材に訪れた際には、ツツジが色とりどりの花を咲かせていた。都心にいながら季節の移ろいを身近に感じられる、贅沢な住環境だ。

バリエーション豊かな飲食店の数々

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

東京ミッドタウンや六本木ヒルズだけでなく、マンションの近辺にも多数の飲食店が存在する。熟成肉専門店、中華料理店、タイ料理店など、ジャンルも幅広い。選択肢の多さに、今日は何を食べようか目移りしてしまいそうだ。

MAP

国立新美術館(約80m/徒歩1分)。収蔵品を持たない美術館で、さまざまな展覧会を開催したり、美術教育の普及に努めたりしている。独特なフォルムの建物は、建築家・黒川紀章が手がけたもの。<br>食事やお茶も楽しみのひとつ。館内にはレストランがひとつ、カフェが3つ設けられている。それぞれ雰囲気が異なり、シーンに合わせて利用することができる。

国立新美術館(約80m/徒歩1分)。収蔵品を持たない美術館で、さまざまな展覧会を開催したり、美術教育の普及に努めたりしている。独特なフォルムの建物は、建築家・黒川紀章が手がけたもの。
食事やお茶も楽しみのひとつ。館内にはレストランがひとつ、カフェが3つ設けられている。それぞれ雰囲気が異なり、シーンに合わせて利用することができる。

老舗洋菓子店・喫茶店、アマンド六本木店(約400m/徒歩5分)。金曜と土曜は27時まで、その他の曜日は23時まで営業しており、急に手土産が必要になったときなどにも便利。

老舗洋菓子店・喫茶店、アマンド六本木店(約400m/徒歩5分)。金曜と土曜は27時まで、その他の曜日は23時まで営業しており、急に手土産が必要になったときなどにも便利。

天祖神社 龍土神明宮(約37m/徒歩1分)。1384年創建の神社。境内の満福稲荷神社は、「港七福神めぐり」の巡拝所のひとつとなっている。

天祖神社 龍土神明宮(約37m/徒歩1分)。1384年創建の神社。境内の満福稲荷神社は、「港七福神めぐり」の巡拝所のひとつとなっている。

六本木ヒルズ(約650m/徒歩9分)。ショッピングや食事はもちろん、美術や映画鑑賞も楽しめる。

六本木ヒルズ(約650m/徒歩9分)。ショッピングや食事はもちろん、美術や映画鑑賞も楽しめる。

ブルーボトルコーヒー六本木カフェ(約54m/徒歩1分)。ブルーボトルコーヒーの国内4号店として、2016年にオープン。

ブルーボトルコーヒー六本木カフェ(約54m/徒歩1分)。ブルーボトルコーヒーの国内4号店として、2016年にオープン。

東京ミッドタウン内のスーパーマーケット、プレッセプレミアム東京ミッドタウン店(約200m/徒歩3分)。生鮮食品、総菜、世界各国のワインなど幅広い商品を取り扱う。

東京ミッドタウン内のスーパーマーケット、プレッセプレミアム東京ミッドタウン店(約200m/徒歩3分)。生鮮食品、総菜、世界各国のワインなど幅広い商品を取り扱う。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※気になるお部屋がありましたらチェックしてください

  部屋番号 所在階 間取 面積 賃料 管理費 敷金/礼金
503 5階 2LDK 76.07㎡ 429,000円 0円 2ヶ月/0ヶ月
---現在入居中 1LDK 52.8㎡ ---円 ---円 ---
---現在入居中 3階 2LDK 89.87㎡ ---円 ---円 ---



記事作成 2018/4/16 高橋千尋

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.