ウエストポイントコート
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ新宿区借りる前に知っておきたい、ウエストポイントコートの裏話。
情報更新日:2020-10-05

新宿御苑は「俺んちの庭!」 そんなマンションに住んでみたい【ウエストポイントコート】

メイン写真

いかに東京に暮らしていると言っても、「新宿御苑が、自分の庭」と言い切れる人が何人居るのだろうか。
そんな人はあまりいないと思うが、実はそう言い切れる場所があることを、今回の取材で明らかにする。
新宿御苑は、JR信濃町駅から徒歩6分。季節を通して、新宿に優しい緑と美味しい酸素を与えてくれる広大な庭が横たわっている。実は私はここにあるフランス式整形庭園の大ファンだ。毎年、薔薇の花が咲く時期になると、花の香りを嗅ぎたくてもう15年も通っている。しかし、この公園は、もとは「個人が所有していた土地」ということをどれくらいの人が知っているのだろうか。

「新宿御苑」(約450m/徒歩6分)フランス式整形庭園では、薔薇が見頃を迎えている。

「新宿御苑」(約450m/徒歩6分)フランス式整形庭園では、薔薇が見頃を迎えている。

ウエストポイントコート外観 地上3階建の低層マンション。

ウエストポイントコート外観 地上3階建の低層マンション。

新宿御苑は、明治39年に作られたが元々の歴史は古い。江戸時代には、信州高遠藩主内藤家の屋敷が建っていた。東は四谷、西は代々木、南は千駄ヶ谷、北は大久保にまで及ぶ広大な敷地を保有していた。屋敷の主は、徳川家康の家臣だった内藤清成(きよなり)。清成は、江戸に入城するタイミングの家康を下支えしたため、家康からの信頼は厚かった。特別な家臣だった内藤氏だからこそ得られた褒美としての価値のある敷地だったのだ。
内藤家はその後7代目まで続いた。その歴史の中では、敷地の面積に増減があったものの、内藤家の屋敷面積などを合わせると、17万8000坪(58.3ha)の土地があり、そこに新宿御苑が誕生するベースとしてあり続けた。このようなことから、新宿御苑のルーツは内藤家の江戸屋敷にあると言える。
その後、幕末から明治を経て、皇室の庭園として道を歩むことになるが、戦後は国民公園となり一般解放された。周囲3.5kmの庭園には、内藤氏が愛した日本庭園「玉川園」はほぼ残され、新たにプラタナスの並木が美しいフランス式整形庭園や、イギリス風景式庭園などが加えられ、数少ないわが国の風景式庭園の名作となったわけだ。
これほど近い場所に日本を代表するような公園がある。春は、咲き乱れる桜を存分に愉しめ、夏から秋は零れるような薔薇の花に包まれる。休みの日には、是非、自分の庭のような顔をして、新宿御苑に足を運んでみることをお勧めする。

ウエストポイントコートエントランス外観 庇のロゴが凛々しく輝いている。

ウエストポイントコートエントランス外観 庇のロゴが凛々しく輝いている。

その由緒正しい新宿御苑から、徒歩でたった6分の所に建つマンションが、今回、取材をする「ウエストポイントコート」だ。とても閑静な住宅街が広がっている一角に建つ、89年築の低層ヴィンテージマンション。クリーム色基調で穏やかな印象の地上3階建て。低層マンションの方が「派手さがなくて好き」と言う方も多いだろう。メインエントランス前には、オートロックが付いており、訪問先が解錠をして中に入ることが出来るため、セキュリティ上安心だ。また中は内廊下になっているため、不審者対策には効果的だ。
このマンションが誇れるところは、建物ばかりではない。日常を過ごすための環境も秀でている。徒歩1分の距離に丸正スーパーがあり生鮮食品や食材を求めるにはとても便利だ。また、裏通りには天然酵母のパン屋や鮮魚店が並び、少し先にはまいばすけっとと百円ショップもあり、最低限の買い物はほとんど済ませられる。
また、飲食店も豊富。お寿司、定食、イタリアン、ハンバーガーなどのチェーン店も近く、選ぶのに困るほどだ。物件のすぐ近くには慶應義塾大学病院 が隣接しており、万が一に備えて安心だ。

ウエストポイントコート外観 クリーム色の外観が街並みに優しく調和する。

ウエストポイントコート外観 クリーム色の外観が街並みに優しく調和する。

秋から初冬にかけては、新宿御苑に菊の季節がやってくる。皇族も愛する高貴な菊の花の香りに包まれて新宿御苑を散策すれば、きっとこの上ない喜びを感じるだろう。何せそこは、他ならぬ自分の庭なのだから。
取材を終えようとしていた時、建物の管理人さんと会った。聞くと、夏には近くの神宮外苑で毎年開催される花火の様子を、「ウエストポイントコート」の廊下から見ることが出来るという。なんと!新宿御苑だけではなく、神宮外苑にもこのマンションは近かったのだ。また一つ、「俺んちの庭」が増えそうだ。

ウエストポイントコート 物件概要

物件名称 ウエストポイントコートMAP 所在地 東京都新宿区信濃町6番地2
賃料 205,000 円 交通 総武・中央緩行線「信濃町」駅徒歩5分
間取 2LDK 専有面積 73.99㎡
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上3階 築年月 1989/12
総戸数 9戸 管理人 巡回
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

丈の高い植栽がプライバシーを守る

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

建物周辺には、丈の高い緑の生垣がある。植栽は綺麗に整えられており、外からの目隠しとなってプライバシーが保たれる。住宅地で建物の周辺を走る車の数が少ないため、一日を通して穏やかな日常が送れそうだ。

しっかりとしたセキュリティに守られる

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

メインエントランスには、オートロック機能がついたインターフォンが設置されている。訪問先が訪問者を確認してロックを解除しないと、建物の中へは入れない仕組みだ。建物は内廊下のため、人の目があり不審者対策において安心できる。各戸前の玄関口では、インターフォンを使って住人が確認をし、初めて訪問者と直に接触をする。しっかりとしたセキュリティにより、住人は守られているのだ。

四駅利用の高い利便性

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4

この物件の魅力特徴は、交通の便が良いこと。JR中央線・総武線「信濃町駅」へは5分、都営大江戸線「国立競技場前駅」へは9分、丸の内線「四谷三丁目駅」へは10分といずれも徒歩10分以内で行ける。また少し離れるが、丸の内線「新宿御苑駅」も使えるため新宿御苑に寄る際には便利になる。新宿を視野に入れた都心部への移動が楽に出来る、利便性の高い物件だ。

MAP

「新宿御苑の玉藻池」(約450m/徒歩6分)内藤氏の屋敷内にあった庭園「玉川園」をそのまま生かした日本庭園。<br>外国人が観光で日本を訪れた際、日本の美を知るきっかけとして、知名度が高い。

「新宿御苑の玉藻池」(約450m/徒歩6分)内藤氏の屋敷内にあった庭園「玉川園」をそのまま生かした日本庭園。
外国人が観光で日本を訪れた際、日本の美を知るきっかけとして、知名度が高い。

「四谷於岩稲荷田宮神社(お岩稲荷)」(約450m/徒歩6分)『四谷怪談』のモデルとなったお岩さんがお詣りしていた稲荷神社。実際のお岩さんは、怪談とは関係なく、夫を助ける優しい女性だったという。

「四谷於岩稲荷田宮神社(お岩稲荷)」(約450m/徒歩6分)『四谷怪談』のモデルとなったお岩さんがお詣りしていた稲荷神社。実際のお岩さんは、怪談とは関係なく、夫を助ける優しい女性だったという。

「丸正総本店」(約500m/徒歩7分)生鮮食品や毎日の食材などが揃う。

「丸正総本店」(約500m/徒歩7分)生鮮食品や毎日の食材などが揃う。

「信濃町煉瓦館」(約300m/徒歩4分)オフィスや飲食店が入ったお洒落なビル。

「信濃町煉瓦館」(約300m/徒歩4分)オフィスや飲食店が入ったお洒落なビル。

「慶応義塾大学病院」(約350m/徒歩5分) 徒歩圏内で総合病院があることは、万一の時に備えて心強い。

「慶応義塾大学病院」(約350m/徒歩5分) 徒歩圏内で総合病院があることは、万一の時に備えて心強い。

JR中央・総武線「信濃町駅」(約400m/徒歩5分)駅の外構には緑がいっぱいだ。

JR中央・総武線「信濃町駅」(約400m/徒歩5分)駅の外構には緑がいっぱいだ。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※気になるお部屋がありましたらチェックしてください

  部屋番号 所在階 間取 面積 賃料 管理費 敷金/礼金
103 1階 2LDK 73.99㎡ 205,000円 15,000円 1ヶ月/1ヶ月
---現在入居中 2階 2LDK 89.55㎡ ---円 ---円 ---
---現在入居中 2階 2LDK 67.69㎡ ---円 ---円 ---
---現在入居中 3階 2LDK 71.46㎡ ---円 ---円 ---
---現在入居中 3階 2LDK 73.99㎡ ---円 ---円 ---


例えばこんなお部屋

ウエストポイントコート 103号室の裏話

部屋メイン写真
  • 15.2帖のLDKと余裕ある2つの寝室
  • 玄関ホールは広々としており、シューズボックスがある。
  • シューズボックスは、収納スペースが豊富だ。
  • LDKを合わせると15.2帖の広さがある。
  • 窓が広いため、日差しが眩しい。寛ぎの時間を約束してくれるリビングルーム。
  • キッチンにはカウンターが付いているため、料理を運ぶ中継場所として活用できる。
  • 5.5帖の寝室は、白基調の部屋のため明るい。
  • 5.5帖の寝室は、二面採光で日差しを十分に得られる。
  • 各部屋にはエアコンが設置されているため四季を通じて快適だ。
  • 7.5帖の寝室からはバルコニーに出られる。
  • 寝室に設けられたクローゼットは、背の高いジャケットなどをそのまま吊るせるため便利だ。
  • 広々として使い易いキッチン。
  • 収納棚はスペースも豊富で、食器などを整理できるため部屋が片付く。
  • 広くて深いシンクが付いたキッチン。
  • 3口のガスレンジとグリルオーブン(魚焼き)が装備されており、効率良く料理が出来る。
  • 追い焚き機能の付いた給湯器がキッチンに設置されているため、料理を作りながらお湯の管理も出来る。
  • 音が静かで、手元を明るく照らす照明が付いた換気扇。
  • 柔らかい光が灯された洗面所。
  • 深い浴槽の付いたバスルーム。ゆっくりとお湯に浸かれる構造はありがたい。
  • 手洗いコーナーの付いた便利なトイレ。
  • リビング壁に掛けられたインターフォン。来客者を確認できるため、セキュリティー上重要な設備だ。

カウンターが付いた使い易いキッチン

部屋の魅力-画像1部屋の魅力-画像2部屋の魅力-画像3部屋の魅力-画像4部屋の魅力-画像5

キッチンにはカウンターが付いており、リビングダイニングルームとの橋渡しが出来る造り。出来上がった料理の受け渡しの場に使ったり、皿を並べて盛り付けのスペースとして活用したりと重宝しそうな空間だ。また、椅子を持ってくれば直接テーブルとして利用出来、軽食なども気軽に楽しめる。カウンター上部にはキャビネットが吊るされており、前後に扉があるため、食器を収納するなど便利に使える。

緑に癒されるバルコニー

部屋の魅力-画像1部屋の魅力-画像2部屋の魅力-画像3部屋の魅力-画像4部屋の魅力-画像5

バルコニーは広々しており、水はけがよいタイル素材で出来ているため、快適に過ごせる。また、手すりの内側と外側に植えられた緑の植栽が良い雰囲気を醸し出しており、癒しをくれるとともに、目隠しになり、プライバシーが守られる。二重ロックの付いたバルコニーの窓は、金網入りの厚いガラスが入っており、セキュリティー上も安心できる。


記事作成 2017/10/26 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.