クレヴィアリグゼ北品川
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ品川区借りる前に知っておきたい、クレヴィアリグゼ北品川の裏話。
情報更新日:2020-10-01

ブレイクしそうな街 北品川【クレヴィアリグゼ北品川】

メイン写真

高級レジデンスの魅力とその特徴を追い求めるレポーターの私が、もっとも力を注いでいること―それは「次にブレイクしそうな街」をいち早くキャッチする事だ。
それを先よみするのは難しいが、実にライター冥利につきる。複数の要素が複雑に絡み合い、交通状況、日常的な買い物事情、周辺の生活環境など、変動する要素が多いからこそこれまでの経験と知見が頼りになる。
今回ご紹介する、北品川エリアはこれからブレイクする街と私は見ている。理由は、たびたび生活情報系の雑誌や不動産を扱うサイトなどで取り上げられているからだ。特集が組まれた場所は、必ずと言っていいほどブレイクする。さらにここ数年、北品川ではこれまでなかった新しい業態の店や施設が誕生している。いわゆる社会起業家や地域活動家が注目をしているエリアなのだ。品川宿の魅力とはいったい何なのか?

「品川宿本陣跡」(約100m/徒歩2分)江戸時代の本陣は宿場で、大名や旗本、公家などが休息や宿泊をした。 江戸中期には北品川宿のみとなった。

「品川宿本陣跡」(約100m/徒歩2分)江戸時代の本陣は宿場で、大名や旗本、公家などが休息や宿泊をした。 江戸中期には北品川宿のみとなった。

クレヴィアリグゼ北品川 外観 漆黒の外観が印象的な地上13階建。

クレヴィアリグゼ北品川 外観 漆黒の外観が印象的な地上13階建。

「品川駅」いえば、不動産関係者が実施する街ランキングなどで、必ず上位にランクインする注目度の高い駅だ。JR品川駅から15分もあれば、都内の主要駅に出ることができ、羽田空港や成田国際空港へのアクセスも良い。折しも、2027年に開業を予定しているリニア中央新幹線の起点駅にもなる予定なのだ。その周辺は、大型ホテルやオフィスビルが立ち並ぶ東京随一のビジネス街。徒歩圏内で手ごろな物件を探そうとしても、見つけるのはなかなか難しいかもしれない。つまり良い物件を見つけることは難しいエリアともいえる。
そこで注目したいのが、品川駅からほど近い京急線「北品川駅」から青物横丁駅の”旧東海道沿いのエリア”だ。この一帯は、かつて東海道の第一の宿場町「品川宿」と呼ばれた場所。高輪などの高層ホテルやオフィス街からはおよそ想像もつかないような、昔ながらの街並みが広がっており、地域に根ざした暮らしが今も引き継がれている。品川駅徒歩圏内にありながら、手ごろな物件を探すには、このエリアが狙い目といえる。

「北馬場参道通り商店街」(約50m/徒歩1分)に隣接して建つクレヴィアリグゼ北品川。

「北馬場参道通り商店街」(約50m/徒歩1分)に隣接して建つクレヴィアリグゼ北品川。

今回久しぶりにこの地を訪れた私は、周りの大都会ぶりとのギャップに大きな衝撃を受けた。「北馬場参道通り商店街」の特徴としてまず挙げられるのは、チェーン店の少なさだ。商店街を端から端まで歩いても、ファストフードやファミリーレストラン、チェーン系居酒屋をほとんど見かけない。チェーン店が無い代わりに、個人商店のバリエーションは豊かだ。青果店、鮮魚店、喫茶店、定食店、居酒屋、美容室、医院など多種多様に揃っており、最近都内でみかけなくなった駄菓子屋さんも現役だ。歴史の古い街だけに、創業100年を超える老舗もあり、中には400年以上続いているという商店もあるほど。店には歴史があるが、決して古びているわけではなく、現代風に蘇らせたテイストの店が多い。
2017年に商店街のお客にアンケートを取ったところ、地元の人の割合が非常に多かったという。このことから、地元だけで経済が回っているといえる。古い街のため、店主の不動産所有率も高く、コストパフォーマンスの高いサービスが提供できるのだろう。
ノスタルジックな品川宿だが、ここ2、3年、新しい動きが出てきた。ゲストハウスやコワーキングスペース、ブック&カフェやワインバーなど、これまでになかった業態の店が増えているのだ。中でもひときわ素敵なたたずまいの「KAIDO books&coffee」は、地元の蔵書家が集めた1万冊の本を読むことができるカフェ。静かに本を読む人、PCで仕事をする人など、20〜30代ぐらいのお客がほとんどで、お洒落過ぎずマニアックすぎず、常連客だけではなく一見(いちげん)でも入りやすい雰囲気に好感が持てる。まさに「旬」を取り入れた若い店が、品川宿を牽引しているように私には見えた。何百年もの時を経て、東海道は今も居心地の良い形を追い求めている。「21世紀の宿場町」それが北品川を言い現わしていると言えるだろう。

クレヴィアリグゼ北品川 メインエントランスは洒落た外観。

クレヴィアリグゼ北品川 メインエントランスは洒落た外観。

この北品川の旧東海道に面して建つのが、今回ご紹介する「クレヴィアリグゼ北品川」だ。ブランド名のRXEはRent × Excellenceを意味しており、「実用性と優れたデザイン性を兼ね揃えた」という思いが込められている。外観は漆黒の黒で包まれ、側面に入れられた明るいブラウンが建物のアクセントになっている。2018年4月に竣工した、地上13階の高級賃貸レジデンスだ。各室からは、眼下に旧東海道(品川宿)が見下ろせるため、暮らしは品川宿とともにあるといっても過言ではない。食材を買い求めたり、日用雑貨を探したりと、普段の暮らしに必要な買い物は品川宿に広がる北馬場参道通り商店街で済ますことができるため、不便はない。最寄り駅は、京急線「新馬場駅」。徒歩4分という好立地の上、北品川と新馬場町商店街に直結しているため大変便利な場所だ。
21世紀の宿場町「品川宿」に興味をもたれた方は、まずは街を散策してその空気をじかに感じてみてほしい。そして街道のそばにたたずむ「クレヴィアリグゼ北品川」の姿を見てきてほしい。次に「ブレイクしそうな街」と感じるのは私だけではないはずだ。

クレヴィアリグゼ北品川 物件概要

物件名称 クレヴィアリグゼ北品川MAP 所在地 東京都品川区北品川2丁目24-7
賃料 --- 円 交通 京浜急行電鉄本線「新馬場」駅徒歩4分
間取 1K,2DK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上13階 築年月 2018/04
総戸数 62戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

400年続く老舗店人情が長続きの秘訣

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

旧東海道から一歩路地に入れば、懐かしい雰囲気が漂う昭和を感じる風景が広がっている。履物店や金物店の軒先でアロエやゼラニウムを栽培し、メダカや亀を飼育する家が多く、その合間には古井戸が今も残っている。人力車で品川宿を案内するガイドなどもおり、人とのつながりを重視する風情ある暮らしが魅力的。

旧東海道の宿場町品川宿の痕跡をたどれば

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

品川宿は、江戸四宿の1つ。東海道五十三次の第一番目の宿駅(しゅくえき)として発達した。東海道を行き来する参勤交代の諸大名や公家などの宿泊所として大いににぎわった本陣跡地は現在公園とされ、明治天皇の行幸の際の行在所となったことに因み、 聖蹟公園と命名された。

老舗店もスーパーも上手に共存共栄

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

旧東海道の品川宿新馬場町商店街は、全長500メートルほどの商店街。「マルエツプチ北品川一丁目店」や「まいばすけっと北品川一丁目店」などをはじめとしたスーパーマーケットを中心に、品ぞろえが豊富な老舗の青果店や、鮮魚店、そして羊羹で話題の和菓子店などが巧みに共生している。

MAP

京急線『新馬場駅』(約300m/ 徒歩4分)<br>大大森海岸~品川駅間の開通時に北馬場駅と南馬場駅が開業した。駅の名の由来はこの付近に馬場地があったことからきている。この二つの駅が昭和51年、北品川~青物横丁駅間の高架化工事に伴い統合され、両駅の中間点に新馬場駅として開業した。

京急線『新馬場駅』(約300m/ 徒歩4分)
大大森海岸~品川駅間の開通時に北馬場駅と南馬場駅が開業した。駅の名の由来はこの付近に馬場地があったことからきている。この二つの駅が昭和51年、北品川~青物横丁駅間の高架化工事に伴い統合され、両駅の中間点に新馬場駅として開業した。

「北品川郵便局」(約200m/徒歩3分)宅配便の送付やATM機の利用には便利。

「北品川郵便局」(約200m/徒歩3分)宅配便の送付やATM機の利用には便利。

「旧東海道品川宿」(約50m/徒歩1分)クレヴィアリグゼ北品川の裏手に広がる旧東海道の商店街。

「旧東海道品川宿」(約50m/徒歩1分)クレヴィアリグゼ北品川の裏手に広がる旧東海道の商店街。

「目黒川お花見クルーズ」(約250m/徒歩4分)天王洲ヤマツピアを出港し目黒川水門「品川くじらの水門」を超えて、荏原神社、大崎、五反田まで船を進めるクルージング。サクラの開花時期に不定期運行。

「目黒川お花見クルーズ」(約250m/徒歩4分)天王洲ヤマツピアを出港し目黒川水門「品川くじらの水門」を超えて、荏原神社、大崎、五反田まで船を進めるクルージング。サクラの開花時期に不定期運行。

「鎮守橋」(約150m/徒歩2分)荏原神社前の目黒川に架かる橋。桜の開花シーズンには多くの観光客が訪れる。

「鎮守橋」(約150m/徒歩2分)荏原神社前の目黒川に架かる橋。桜の開花シーズンには多くの観光客が訪れる。

「品川診療所」(約150m/徒歩2分)土曜日も診療しているまちの内科医。

「品川診療所」(約150m/徒歩2分)土曜日も診療しているまちの内科医。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2018/4/10 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.