コンフォリア原宿
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ渋谷区借りる前に知っておきたい、コンフォリア原宿の裏話。
情報更新日:2020-07-10

原宿が大人の街に戻る日【コンフォリア原宿】

メイン写真

竹下通りを中心として、明治神宮前、表参道は、誰もが認める日本を代表するファッションの街だ。久しぶりに竹下通りを歩いてみると、流行りのファッションに身を包んだ若者が、クレープや虹色の綿飴など流行の食べ物を片手に街を歩いている。原宿では定番となった日常の風景だが、通りを歩く人の年齢は以前に比べて若い。修学旅行生も居れば、地元の高校生も居る。原宿は、まるで学生の街になってしまったようにも見える。それが悪いことではないが、オトナがその場に入っていくのは、ちょっと気恥しい気がする。
しかし、元々原宿は、格好の良いオトナたちによって、大人のために造られた街なのだ。

原宿竹下通り(約300m/徒歩4分)人気のインディアンジュエリーは、原宿の人気商品の一つだ。

原宿竹下通り(約300m/徒歩4分)人気のインディアンジュエリーは、原宿の人気商品の一つだ。

コンフォリア原宿外観 白い外壁が印象的で、オトナの余裕を感じる。

コンフォリア原宿外観 白い外壁が印象的で、オトナの余裕を感じる。

オトナの原宿を造った一人に、私が大好きな吾郎さんがいる。高橋吾郎さんは、1939年生まれ。若い頃からネイティヴアメリカンが身に付けていたシルバーアクセサリーを製作し、72年に店を立ち上げ、90年代には原宿の竹下通りで行列が出来るほどのブームになるまで成長した。男性用のアクセサリーの先駆けとなったモチーフは、白頭ワシや鳥の羽根で、いずれも男臭い無骨なデザイン。青い輝きを放つターコイズとシルバー(銀)を材料に、ハンマーを使って手作業で叩いて一つ一つ丁寧に作り上げていく。時間をかけた作品は、アクセサリーという領域を超越。ホンモノに飢えていたファンには、「工芸品」と信奉され、原宿におけるシルバージュエリーの第一人者と呼ばれるようにまでなった。
吾郎さんは、白髪交じりの長髪で、真っ黒に日焼けた顔をしており、いつも黒の革ジャンを無造作に着ている飾り気のない人だった。笑うと、クシャクシャになる人懐こい顔が印象的だった。その顔が、私の祖父に似ていることから、私は個人的に親しみを覚えていた。
ところが、ある日突然、吾郎さんは単身アメリカに行くと言い出した。本物のネイティヴアメリカンに会いに行くというのだ。吾郎さんが凄いところは、北米への憧れだけではなく、本当のネイティヴアメリカンに近づこうとした事だ。彼が「鉄馬」と呼ぶハーレーダビッドソンに跨り、北米大陸を横断しながら、ネイティヴアメリカンの暮らしを見て歩いた。吾郎さんにとって、北米での暮らしは刺激的なものだったようで、裸馬を扱いながら、毎日を過ごした。馬に乗ったことがある人ならば、分かるのだが、裸馬に乗るにはコツが要る。鞍や手綱の無い馬は、たてがみで馬をコントロールしなければならないため、馬との一体感が大事になる。油断していると、落馬して大怪我に繋がる。吾郎さんは、赤い土の大地に馴染み、
ネイティヴアメリカンからもその人柄が認められ、気高い日本人という意味合いの「イエローイーグル」というインディアンネームを与えられた。日本人がインディアンネームを持つ事は、とても珍しい。吾郎さんが求めたもの―それは、ホンモノに出会う事。自分の仕事への姿勢を一歩前に進化させる旅だったのだ。「本物でなければ、オトナは見向きもしない。」それが吾郎さんの口癖だ。北米の旅から戻った吾郎さんは、若い弟子を育てているという話を聞いたが、仕事が忙しくなった私は、店に顔を出さなくなり、それから数年が経った。

コンフォリア原宿外観 銀杏の樹木も鮮やかに映える。

コンフォリア原宿外観 銀杏の樹木も鮮やかに映える。

原宿竹下通りにほど近い場所に、今回、取材をするマンションが建っている。最寄り駅はJR山手線「原宿駅」だ。竹下通りを渋谷方面から原宿駅へと進み、千駄ヶ谷へと抜ける道沿いに進むと、目指すマンションはあった。「コンフォリア原宿」。地上7階建の鉄筋コンクリート造。周囲からは飛びぬけて目立つ白亜の建物だ。2005年築だが、外観とエントランスからは月日を感じさせない新しさと風格を感じた。
英語で心地よさ、満足を意味するcomfortと、ラテン語で場所を意味するiaを組み合わせた都市型レジデンスCOMFORIA。「住まいは単なる器ではない」という発想が、都市を豊かに生きる人にふさわしいマンションを生み出すというコンセプトだ。その意味では、コンフォリア原宿は、原宿という流行に敏感な街で、どのようにオトナが自分らしく楽しむかという、独自のコンセプトを持っていると感じる。
オートロックで管理される建物のエントランスを入ると、まずは、モニター付きインターフォンで確認される。さらに進むと、ロビー脇には管理室があり、その横でもう一度オートロックで解錠をしてもらう。そうして初めて居住階のある上階へと進むことが出来る。こうした二重のチェック機能があることは、住人としての安心に繋がる。先には、広いロビーが広がっており、まるでアートギャラリーのような装飾品と調度品が迎えてくれるのだ。
こうした特徴を持つコンフォリア原宿だが、現在、大規模なリノベーションを構えている。もっと使い易く、もっと進化したコンフォリア原宿がこの先お目見えする予定だ。
ハイセンスな竹下通りに至近の上、原宿のエッセンスとも言うべき暮らしを謳歌できるマンションであるという価値。それはオトナだけが味わえる「本物を追い求める夢」という観念と固く結びついているに違いない。

コンフォリア原宿のメインエントランス。ドアの位置が奥まっているため、出入りの様子が外に見えにくくなっており、セキュリティ上安心感がある。

コンフォリア原宿のメインエントランス。ドアの位置が奥まっているため、出入りの様子が外に見えにくくなっており、セキュリティ上安心感がある。

観光客でごった返す冬に、高橋吾郎さんが突然亡くなった。74歳だった。仲間たちは悲しみにくれ、私も深い悲しみに沈んだ。原宿の象徴とも呼ばれた吾郎さんが、遂に「原宿の伝説」となってしまった。
それから数年が経ち、現在、原宿では吾郎さんがやりたかった「オトナの原宿」を取り戻す動きが起きている。まるでネイティヴアメリカンがそうしていたように、各部門の長老たちを集め、原宿の良さをオトナに見直してもらうにはどうしたらいいか、今、施策を練っている。本物志向のオトナのお客さんや、日本を理解しようと原宿の街にやってくる外国人をもっと呼び込もうと、商品構成を変え、客層を意識した製品を仕入れるよう、各店舗が力を合わせようとしている。「本物でなければオトナは見向きもしない」と言った吾郎さんの問題意識は、確実に次の世代へと継承されていると、私は信じる。原宿の街は、原宿をどこまで「進化」させられるのか。しばらくは、目が離せない。
それは、現状に妥協せず、常に進化し続ける中で、原宿の地で確かな価値を見出そうとする「コンフォリア原宿」のコンセプトと重なって見えた。

コンフォリア原宿 物件概要

物件名称 コンフォリア原宿MAP 所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目61番3号
賃料 --- 円 交通 山手線「原宿」駅徒歩4分
間取 1LDK,1R,2LDK,1SLDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上7階 築年月 2005/02
総戸数 173戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

敷地内どこへ行ってもしっかり守られている

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランス部分には、オートロック(モニター付きインターフォン)が設置され、訪問先の確認が無ければ中へ入れない。敷地内には、防犯カメラが複数設置されているため、不審者が入ることは難しい。しっかりとしたセキュリティ対策が施されている。

使い易く整備された共用設備

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

屋内駐輪場や24時間利用ができるゴミ置き場は、綺麗に掃除がされ、しっかり管理されている。留守がちの人でも荷物を受け取れる宅配ボックスや、大きな荷物も保管できるトランクルームもある。またマンション内外の行事やサービスをデジタルサイネージで告知している。隣接する駐車場は個別に契約を結ぶスタイル。空きの有無は別途確認が必要だ。

エントランスからロビーセンスの良い空間造り

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスからロビーは、まるでホテルのようなスペース造りをしている。赤を生かした壁には、アート作品が展示され、ギャラリーのようだ。館内は白い石材を使った内装で、高級感があり明るい空間を創り出している。

MAP

「ラ・フォーレ原宿」(約500m/徒歩7分)原宿のシンボルであるファッションビル。1978年創業で、若手ファッションクリエイターや起業家などがこのビルから生まれた。

「ラ・フォーレ原宿」(約500m/徒歩7分)原宿のシンボルであるファッションビル。1978年創業で、若手ファッションクリエイターや起業家などがこのビルから生まれた。

JR山手線「原宿駅」(約300m/徒歩4分)クラシックな佇まいが人気の駅。1日に76,000人が利用する。

JR山手線「原宿駅」(約300m/徒歩4分)クラシックな佇まいが人気の駅。1日に76,000人が利用する。

サンクス神宮前二丁目店(約400m/徒歩5分)軽食やちょっとした買い物には便利。

サンクス神宮前二丁目店(約400m/徒歩5分)軽食やちょっとした買い物には便利。

「竹下通り」原宿駅口(約300m/徒歩4分)原宿駅から明治通りに向かって下る、全長350メートルの通り。通りに面している店舗の多くは、若者向けのファッション・ブティック。数年で入れ替わる店舗が目立つ反面、流行を取り入れながら30年も続く老舗店もある。

「竹下通り」原宿駅口(約300m/徒歩4分)原宿駅から明治通りに向かって下る、全長350メートルの通り。通りに面している店舗の多くは、若者向けのファッション・ブティック。数年で入れ替わる店舗が目立つ反面、流行を取り入れながら30年も続く老舗店もある。

「東急プラザ」表参道原宿(約500m/徒歩7分)女性たちに人気の店が30余り集まっているファッションビル。

「東急プラザ」表参道原宿(約500m/徒歩7分)女性たちに人気の店が30余り集まっているファッションビル。

「表参道」(約400m/徒歩5分)明治神宮へと続く参道。世界中から集まるトップモードのブティックが軒を連ねる。

「表参道」(約400m/徒歩5分)明治神宮へと続く参道。世界中から集まるトップモードのブティックが軒を連ねる。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/10/3 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.