シティタワー麻布十番
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ港区借りる前に知っておきたい、シティタワー麻布十番の裏話。
情報更新日:2019-10-08

制震構造を備えた 天空に聳える青い塔  麻布十番のランドマーク【シティタワー麻布十番】

メイン写真

麻布十番を訪ねるたびに気になっていた建物がある。麻布十番のシンボルタワーとも言える、地上約130m、38階建ての高層高級タワーマンション、「シティタワー麻布十番」だ。今回、ついに内見が出来るということになり、興奮気味で現地に向かった。
コンセプトは「輝きと誇りを映す、ガラスカーテンウォールを纏う高層」。そのコンセプト通り、麻布十番エリアで一際目立ち、大変存在感のある分譲タイプの建物を内見することが出来た。

シティタワー麻布十番外観。地上38階建ての高層ビルは、麻布十番界隈では一際背の高い建物だ。

シティタワー麻布十番外観。地上38階建ての高層ビルは、麻布十番界隈では一際背の高い建物だ。

天空に聳える青い塔のイメージ通り。ハイタワーレジデンスは、青空に映える。

天空に聳える青い塔のイメージ通り。ハイタワーレジデンスは、青空に映える。

ガラスのカーテンのように、外壁の殆どは青く輝くガラスで出来ている。広い敷地には、石畳の広々とした車寄せがあり、雨の日や来客時には、大変重宝する。重厚感にあふれた高級な印象のエントランスに入ると、まるでハイグレードホテル。その佇まいは、レジデンスのエントランスであることを忘れさせるほど、品がある。そして広い。ホールの天井が高く、ゴージャスで品のある空間を生み出している。アロマオイルの香りのするコンシェルジュに案内され、さらに奥へ進むと、ラグジュアリーな調度品に彩られたロビーホールが続いている。質の高いソファに身を委ねると、落ち着いた気分になり、ゆったりとした穏やかな気持ちになってくる。この高級感と何にも変えがたい贅沢な時間こそが、私がイメージしていたものだ。
このレジデンスは、品格があるだけではない。24時間の有人管理体制やオートロック、モニター付きインターフォン、防犯カメラ、玄関ダブルロックなど、しっかりとしたセキュリティで住まう人を守っている。また、駐輪場や駐車場、宅配ボックスなど共用設備も充実しており、各フロアごとにゴミ置き場もあるため、毎日のゴミ出しも楽に済ますことができるというわけだ。細かい部分にまで配慮が行き届いているホスピタリティに裏打ちされて、シティタワー麻布十番の実績につながっている。

制震構造(図の真ん中が制震構造)が建物を守っている。巨大な梁とダンパーが地震の揺れを最小限に留めてくれる。

制震構造(図の真ん中が制震構造)が建物を守っている。巨大な梁とダンパーが地震の揺れを最小限に留めてくれる。

このレジデンスには、もう一つ売りがある。それは、外観や高級感と並ぶ、安全と安心を担保するもの。建物の制震構造だ。
ポイントは、いくつかある。まず第1には、基礎構造。建物の床下を鉄筋コンクリートで固め、地表近くの地盤で建物を面で支える「直接基礎」を採用している。地下深くに杭を打ち込み、建物を点で支える杭基礎と異なり、床下で面的に建物を支える、安定した基礎構造だ。
第2は、制震構造だ。建物への地震エネルギーを制震装置が吸収することにより、建物全体の揺れを小さくし、構造体へのダメージも軽減する。
また、主要な壁・床の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋を採用している。シングル配筋に比べ、より高い耐震性を確保していると言える。
007のジェームズ・ボンドは、タキシードの下に鋼のような肉体を隠している。このレジデンスも、優しそうな青色の面構えの下には、鎧のような構造をした最新機能を持ち、いざという時には住まう人を守ってくれるのだ。なんとも頼もしい建物ではないか。

シティタワー麻布十番のエントランス前には、広々とした敷地を使った車寄せが設けられている。雨の日でも安心だ。

シティタワー麻布十番のエントランス前には、広々とした敷地を使った車寄せが設けられている。雨の日でも安心だ。

シティタワー麻布十番は、駅前の繁華街にほど近く、歩いて4分の距離だ。徒歩圏内のため、通勤や通学の途中で気軽に買い物のため立ち寄ることが出来る。飲食店や高級ブティックが立ち並ぶ麻布十番の街を歩くと、川が多いことに気が付く。そこに麻布十番の名のルーツがある。江戸時代、将軍徳川綱吉の別邸を築く際、工夫たちは船を使って川から資材を運び入れた。その時、近くを流れる「古川」の改修工事のため「第10番目の工夫を出した地域」に因んで、麻布十番という地名になったという。
シティタワー麻布十番は、交通の便もいい。都営大江戸線の「麻布十番駅」まで徒歩4分という好立地の為、毎日の通勤や通学にも全くストレスを感じずに通うことが出来る。
優雅でお洒落な空間を楽しみつつ、日常生活も有意義に過ごすことが出来る、そんなシティタワー麻布十番。あなたもその目で魅力をぜひ確かめてみてはどうだろうか。

シティタワー麻布十番 物件概要

物件名称 シティタワー麻布十番MAP 所在地 東京都港区三田1丁目6番3号
賃料 --- 円 交通 都営大江戸線「麻布十番」駅徒歩4分
間取 2LDK,1LDK,3LDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上38階地下2階 築年月 2009/06
総戸数 502戸 管理人 常駐
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

洗練されたデザイン贅沢な空間を演出

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスはさながら高級ホテル。天井が高い上に、広々とした空間をいっぱいに使ったロビーホールが高級感を生んでいる。ロビーには、テーブルとソファの組み合わせが5セットも展開されており、待ち合わせで他の人と重なることはまずないだろう。エレベータは3基あり、住民を極力待たせない。洗練されたデザインである上に、空間を贅沢に使ったエントランス部分には、このレジデンスの持つ品格を感じた。

万一に備えたセキュリティ

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランス部分とエレベーターホールでは2度のオートロック照合がある。館内には、外回りも含めて複数の防犯カメラが稼働しており、不審者の侵入を容易に許さない。これに加えて、エレベータ―を降りると、さらにオートロック付きの内扉がある。また、各戸の玄関前にはモニター付きのインターフォンが設置されているため、3重のシステムでセキュリティはしっかりと対応し、万一に備えている。

植栽に覆われた外構手入れされた豊かな緑

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

シティタワー麻布十番の建物裾は、常緑樹を基本とした植栽で整えられている。良く手入れされた緑は、環境に配慮され、都会のオアシスを創造している。取材当日は30度近い気温だったが、この緑のおかげで木陰が出来ており、涼を感じることが出来た。

MAP

麻布十番通り(約300m/徒歩4分)飲食店、カフェ、ブティックなど様々な流行りのお店が並ぶ。繁華街を歩くと、外国人の姿を見かける頻度が高い。麻布十番には、海外の大使館が集まっている上、周辺には外国人滞在者の宿泊するシティホテルが数多くあることも「国際化」の理由の一つ。

麻布十番通り(約300m/徒歩4分)飲食店、カフェ、ブティックなど様々な流行りのお店が並ぶ。繁華街を歩くと、外国人の姿を見かける頻度が高い。麻布十番には、海外の大使館が集まっている上、周辺には外国人滞在者の宿泊するシティホテルが数多くあることも「国際化」の理由の一つ。

セブンイレブン港区三田一丁目店(約100m/徒歩2分)シティタワー麻布十番に最も近いコンビニエンスストアだ。

セブンイレブン港区三田一丁目店(約100m/徒歩2分)シティタワー麻布十番に最も近いコンビニエンスストアだ。

都営地下鉄大江戸線と南北線が乗り入れている「麻布十番駅」(約300m/徒歩4分)

都営地下鉄大江戸線と南北線が乗り入れている「麻布十番駅」(約300m/徒歩4分)

一ノ橋ジャンクション付近(約300m/車で1分)首都高速道路の都心環状線と2号目黒線を結ぶジャンクションである。直下には一の橋公園がある

一ノ橋ジャンクション付近(約300m/車で1分)首都高速道路の都心環状線と2号目黒線を結ぶジャンクションである。直下には一の橋公園がある

元神明宮(約100m/徒歩2分)シティタワー麻布十番の裏手にある神社。一條天皇の勅命により1005年に創建されたという。

元神明宮(約100m/徒歩2分)シティタワー麻布十番の裏手にある神社。一條天皇の勅命により1005年に創建されたという。

麻布十番の名の由来となった古川(約200m/徒歩3分)シティタワー麻布十番(奥の青色の建物)が奥に見える。

麻布十番の名の由来となった古川(約200m/徒歩3分)シティタワー麻布十番(奥の青色の建物)が奥に見える。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/8/21 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.