シティハイツ烏山
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:土日祝(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ世田谷区借りる前に知っておきたい、シティハイツ烏山の裏話。
情報更新日:2019-06-20

セタガヤたがやせ!区民農園が盛んな街に暮らす【シティハイツ烏山】

メイン写真

突然だが、私は家庭菜園が趣味だ。土に親しみ、太陽と水、そして肥料を与えるだけで立派な野菜が出来ることを知ったら、病みつきになり、もう20年以上家庭菜園に取りつかれている。自宅のコンテナに植えているうちはいいのだが、エスカレートすると本格的な農場で野菜を作ってみたくなる。
そうした“セミプロ”が通う農場が世田谷区役所が運営する『区民農園』だ。2017年には区内に21ヶ所設けられている。農園を使いたいと応募してくる人の倍率は高く、10倍ほどになる年もある。農具や肥料が完備されていたり、わからないことは指導員に相談できるため、「農業やってみたいけど実際不安だなあ」という人に人気が高い。
世田谷区は、伝統的な江戸野菜である大蔵大根が古くから栽培されていた地。中でも、烏山地区は武蔵野台地南端に位置し、比較的平坦な土地となっており、良い土壌が多いという。気軽に収穫ができる体験をするには快適な場所の一つといえる。トマトやキュウリなど、自分で育てた野菜が食卓に並んだら、なんと嬉しいことだろう。

「烏山ファミリー農場」(約350m/徒歩5分)マンションや戸建て住宅の狭間に、区民農園が点在している。

「烏山ファミリー農場」(約350m/徒歩5分)マンションや戸建て住宅の狭間に、区民農園が点在している。

シティハイツ烏山外観 地上5階建てのマンション。駐輪場や駐車場がすぐそばにあるため便利だ。

シティハイツ烏山外観 地上5階建てのマンション。駐輪場や駐車場がすぐそばにあるため便利だ。

今回紹介する物件は、そうした区民農園と高級戸建て住宅がパッチワーク状に並ぶ閑静な場所に位置していた。所々に畑が残る住宅地だが、近年、大規模集合住宅が建設されるとともに、子育て世代を中心に転入者が増加傾向にあるという。
「シティハイツ烏山」は、地上5階建ての鉄筋コンクリート造のUR賃貸マンションだ。UR賃貸とはUR都市開発機構が管理する賃貸物件のこと。昔の都市公団をイメージすれば分かりやすい。通常の賃貸物件との差は、礼金や更新料、手数料が無料であることや、保証人なしで入居できるところ。わずらわしくないところがメリットだ。
外観は、まるで大きな鳥が翼を広げて立っているようなイメージのマンションだ。タワーマンションとは違った、地上5階建ての落ち着いた魅力がある。各階のバルコニーや廊下には、プライバシーに気を配った人の背丈ほどの手すりが設置されている。細やかな配慮が住人の暮らしを守っていることが見てとれる。

低層階は緑の植栽が目隠しとなっているため、プライバシーが守られる造りになっている。

低層階は緑の植栽が目隠しとなっているため、プライバシーが守られる造りになっている。

「シティハイツ烏山」の周辺には、昔懐かしい屋敷林がある。屋敷林は風や土埃から畑を守る役目がある。私が子供の頃には、そうした屋敷林でキノコを採ったり、タケノコを見つけたり、林と暮らしは一体化していた。また人間だけではなく、タヌキやキツネなども林の下草部分に住処をつくり、住んでいた。
烏山にある屋敷林は、親子3代にわたって古くから農業を営んでいる下山家を取り囲んでいる。下山家はこの地では有名な農家で、大根や白菜など野菜を中心に生産している。屋敷林は観光名所にもなっており、林の中に入ると「下山千歳白菜の発祥の地」と書かれた石碑が建っていた。世田谷の肥沃な土を利用して、丈夫な作物を作ろうとしたことが下山千歳白菜の開発のきっかけだ。何度も品種改良を経て、病気に強い下山千歳白菜を恒常的に生産できるようになったという。世田谷には歴史的に農業に対する興味がある人が多く住むようだ。

シティハイツ烏山の建物の前は間口が広く取られており、駐車場が使いやすい。

シティハイツ烏山の建物の前は間口が広く取られており、駐車場が使いやすい。

自分の住む家の傍にこれだけ農地があると、なんだか関わらないわけにはいかない。様々な形態の農園があるが、家の近所で気軽に始めるなら、やはり区民農園がオススメだ。サラリーマン家庭なら、「週末農業」となる。日々の疲れを癒すリラックス効果や、健康的な生活、自分の育てた作物を収穫する喜び、そして上手くできたら副業の楽しみなども広がり、さまざまなメリットがある。
都会に住みながら、農業も楽しむ贅沢な暮らし。「シティハイツ烏山」に住みながら、ぜひあなたも実践してみてはいかがだろうか。

シティハイツ烏山 物件概要

物件名称 シティハイツ烏山MAP 所在地 東京都世田谷区北烏山9-21-10
賃料 --- 円 交通 京王電鉄京王線「千歳烏山」駅徒歩13分
間取 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上5階 築年月 1994/08
総戸数 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

共用設備の充実住人の暮らしを最優先

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

屋根付きの駐輪場やバイク置き場、24時間利用できるゴミ置き場が設置されている。また建物の前には、車庫入れがしやすい広めの駐車場が準備されており、住人の暮らしやすさを第一に考えた設計がされている。

プライバシーと優しさに配慮した暮らし

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスに続くスロープは、バリアフリーになっているため、人に優しい。エントランスの内扉の奥には、管理人室があり、複数の防犯カメラとともに訪問者をチェックしている。また、ダイヤル式のロックが付いた郵便受けや、丈の高い植栽は住人のプライバシーを守るために配慮されていることがうかがえる。

屋敷林と区民農園のどかな風景が広がる

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

農家を守る屋敷林と農園の牧歌的な様子が烏山の原風景だ。農場は一時期減ったと言われるが、2008年頃から地域住民に畑を貸し出す仕組みが見直され、敷地面積も増え始めた。街は緑にあふれており、のどかな風景が広がっている。

MAP

「下山千歳白菜発祥の地 石碑」(約300m/徒歩4分)下山千歳白菜は、世田谷区近辺で栽培される白菜の品種で、烏山で農業を営んでいた下山 義雄(しもやま よしお)氏が手掛けた。烏山の土は農作物に適しており、白菜も通常のサイズの2倍ほどの大きさになったという。1945年頃には大人気となり、一度は核家族化とともに生産量が半減したものの、1998年には復活し、現在恒常的に生産されている。

「下山千歳白菜発祥の地 石碑」(約300m/徒歩4分)下山千歳白菜は、世田谷区近辺で栽培される白菜の品種で、烏山で農業を営んでいた下山 義雄(しもやま よしお)氏が手掛けた。烏山の土は農作物に適しており、白菜も通常のサイズの2倍ほどの大きさになったという。1945年頃には大人気となり、一度は核家族化とともに生産量が半減したものの、1998年には復活し、現在恒常的に生産されている。

「下山屋敷林」(約300m/徒歩4分)北烏山9丁目の緑地としても利用されている屋敷林。屋敷林は、風を防ぎ、土埃などから農作物を守るためかつては農家では普通に見られた。

「下山屋敷林」(約300m/徒歩4分)北烏山9丁目の緑地としても利用されている屋敷林。屋敷林は、風を防ぎ、土埃などから農作物を守るためかつては農家では普通に見られた。

「世田谷北烏山八郵便局」(約400m/徒歩5分)ATMを利用でき、宅配便なども出せるため近くにあると便利。

「世田谷北烏山八郵便局」(約400m/徒歩5分)ATMを利用でき、宅配便なども出せるため近くにあると便利。

「国道20号線(甲州街道)」(約400m/徒歩5分) マンションから新宿まで車で15分ほどで行くことができる。

「国道20号線(甲州街道)」(約400m/徒歩5分) マンションから新宿まで車で15分ほどで行くことができる。

「マックスバリュ 千歳烏山店」(約400m/徒歩5分) 品ぞろえが豊富で、夜10時まで開いているため勤め帰りにも寄れる便利な店。

「マックスバリュ 千歳烏山店」(約400m/徒歩5分) 品ぞろえが豊富で、夜10時まで開いているため勤め帰りにも寄れる便利な店。

「昭和大学附属烏山病院」(約300m/徒歩4分)万一の時、総合病院が近くにあるのは頼もしい。

「昭和大学附属烏山病院」(約300m/徒歩4分)万一の時、総合病院が近くにあるのは頼もしい。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2018/4/19 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.