ジオ浅草三丁目
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ台東区借りる前に知っておきたい、ジオ浅草三丁目の裏話。
情報更新日:2020-08-25

古いものと新しいものが融合する街 浅草に住まう
【ジオ浅草三丁目】

メイン写真

浅草の雷門から入り、人ごみを掻き分け、仲見世を泳ぎきり、浅草寺を抜け、真っ直ぐ突っ切れば、浅草三丁目にたどり着く。日本で最もエキサイティングな街の一つ、浅草の一番賑やかな部分の裏側に、今回訪ねる物件が建っている。
浅草三丁目は、もともと花街があったところ。落ち着いた佇まいで、和菓子や履物、そして甲冑など日本の伝統的な品を売る店が並んでいる。時折外国人が道をたずねたり、煎餅を買い求めたりする姿があるほかは、観光客の姿もまばらで、通りに面して穏やかな商店街があるだけだ。
その通りというのは、言問通り。ことといどおりと読む。台東区浅草に有る言問橋から鶯谷を通り、東京大学まで続いている。
言問橋の由来は、平安時代までさかのぼる。平安時代の六歌仙の一人で、古今集歌人の中でも一二を争う人気歌人だった、在原業平(ありわらのなりひら) は、京の都を離れ、当時、湿地帯が広がる辺境だったこの地に左遷された。はるばる隅田川の畔までやってきた時、鳥の名に託して京の都の恋人を偲んだ、という伊勢物語の故事から言問を転用したものと考えられている。その歌は、
「名にしおはば いざ言問わん都鳥 わが思う人はありやなしやと」
都の鳥とはユリカモメのこと。確かに、隅田川の周辺にはユリカモメが多い。恋人を偲んでいたなんて、なんともロマンチックな名を持つ通りではないか。

浅草の原点「浅草寺」(約200m/徒歩3分)外国からの観光客を含め、毎年3000万人が訪れる。

浅草の原点「浅草寺」(約200m/徒歩3分)外国からの観光客を含め、毎年3000万人が訪れる。

ジオ浅草三丁目外観 地上11階建て、浅草三丁目に聳える。

ジオ浅草三丁目外観 地上11階建て、浅草三丁目に聳える。

「ジオ浅草三丁目」は、2014年10月に竣工された地上11階建て、総戸数30戸、コンクリート造りのマンションだ。言問通りに面していて、大型マンションや複合ビル、大型商業施設の建ち並ぶエリアに立地している。穏やかな雰囲気に包まれながらも、外観はとても洗練されたデザイン。メイン色となるアースカラーに黒茶のタイルがなんとも上品な印象だ。また、天然石を用いたデザイン性の高い外観に、高級感のあるエントランスアプローチが重厚感を醸し出している。
一階には、和菓子店があり浅草ならではの風情がある。
「ジオ」シリーズは、阪急不動産のハイグレードなマンションブランド。セキュリティにはオートロックや防犯カメラが設置されているため、安心だ。また、共用設備には、不在時の荷物の受取に便利な宅配ボックスや、24時間利用出来るゴミ置き場、そして屋内駐輪場を備えており、暮らしの中に便利さを感じられる。施設内のどこへ行っても、ゴミ一つ落ちていない事に気が付いた。日々の管理の徹底ぶりを垣間見ることが出来る。

ジオ浅草三丁目 エントランスは、洗練されたデザイン。緑の植栽が玄関口を彩る。

ジオ浅草三丁目 エントランスは、洗練されたデザイン。緑の植栽が玄関口を彩る。

浅草の成り立ちは、古い。1590年(天正18年)、埋め立てによる陸地化が進みつつあった江戸に徳川家康が入ってくる。このころはまだ、江戸城の真下にまで湾が入り込んでいた。家康は江戸城の修復と周辺の陸地化を急速に進めていく。そして、浅草の東側は海だったため、物資を江戸に運び込むための港として注目された。江戸を流れる河川は、現在より広く、海路と並んで物流の手段として活用されていた。
1603年、江戸幕府が開かれると、浅草一帯はみるみる発展していった。浅草御蔵(現在の蔵前)に米蔵が作られ、米の仲介人である札差(ふださし)が誕生する。両国周辺には商店が増え、浅草一帯は江戸でもっとも人や物、そして金の集まる町になった。その後は、関東大震災や第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けながらも、たくましい復興を遂げ、いまもなお江戸の風情と下町情緒を残す町として変わらぬ賑わいを見せている。

ジオ浅草三丁目の一階には、和菓子店「浅くさ中村屋」が入っている。お煎餅を通して、外国人とのコミュニケーションをはじめていた。

ジオ浅草三丁目の一階には、和菓子店「浅くさ中村屋」が入っている。お煎餅を通して、外国人とのコミュニケーションをはじめていた。

これまでの浅草の町は浅草寺を中心に動いていた。しかし、今、隅田川やスカイツリー見物を軸に、人力車などで演出をした、浅草一帯の大規模なツアーも始まっている。浅草界隈の名所での記念撮影や、結婚式を挙げる外国人の姿を見ると、新しい時代の浅草の活気を感じる。
「ジオ浅草三丁目」の一階には、和菓子店があるが、そこでも外国人を対象にあるサービスを始めた。浅草寺にお参りをしてきたばかりの観光客は、浅草寺から裏手に出ると、真っ直ぐに言問通りを通って、墨田川やスカイツリー見物を始める。そこで、そのお客さんにお茶とお菓子をサービスし、3ヶ国語で書かれたパンフレットを渡し、浅草の今の魅力を紹介し始めたのだ。
菓子店の女将さんの話では、それを始めたところ、町内の商店街からも様々なアイディアが飛び出して、三丁目の町はこれまで以上に活性化したという。「外国人の観光客が、自分たちの気付きを促してくれた」とも。
伝統を重んじる浅草と、新しい事を始める浅草と。二つの世界が融合して、今、浅草が経験した事の無いゾーンへ突入しようとしているようだ。
ジオとは、ギリシャ語で「土地」「地理」などを意味する。ジオ浅草三丁目に暮らせば、浅草の持つ土地の力を日々肌で感じて暮らせるに違いない。
夕暮れ時、隅田川に架かる言問橋にたたずんでいると、ユリカモメを見つけた。在原業平も、まさかこの東京下町の地にスカイツリーという超高層のランドマークが建つことになるとは、想像だにしなかっただろう。これだけ栄えた都を前に、京の都を恋しがる気持ちはどこかに失せてしまうだろうか。

ジオ浅草三丁目 物件概要

物件名称 ジオ浅草三丁目MAP 所在地 東京都台東区浅草3丁目5番3号
賃料 --- 円 交通 東京メトロ銀座線「浅草」駅徒歩7分
間取 2LDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上11階地下1階 築年月 2014/09
総戸数 30戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

都会的センスが漂うエントランススペース

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

ジオ浅草三丁目のエントランス部分は、直線をたくみに使ったデザインが映える。間接照明に照らされて、とても雰囲気のある内観。木目調の玄関ドアが質の高さを感じさせる。住まう人に愛着を持って貰えるエントランスロビーだ。

敷地内の防犯設備は住人を守るため

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

オートロックの付いたメインエントランスから中へ入ると、敷地内にある複数の防犯カメラに気付く。エレベーター内にも、乗員を確認するカメラが付いているため、深夜に帰宅しても、安心出来る。しっかりとした、セキュリティが、住まう人を守っている。

掃除の行き届いた館内の共用設備

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

館内を歩いていて気が付くことは、ゴミひとつ落ちていないこと。掃除が行き届いている。バイク置き場や駐車場、屋内駐輪場や24時間利用出来るゴミ置場を始め、留守がちでも荷物を受け取れる宅配ボックスなど、共用設備を見ると、管理が行き届いて整理整頓されている。使いやすく住まう人のことを考えていると感じた。

夕暮れ時の浅草夜のステージが始まる

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

「神谷バー」や「EKIMISE」をはじめ、「雷門東部商店街」では、夜の浅草観光に合わせ準備を始める。夕暮れ時の浅草界隈は、昼間とは違った顔を見せる。人力車は稼働を前に、車夫が点検を始める。隅田川に夕日が沈めば、夜のステージが幕開ける。

MAP

「雷門」(約300m/徒歩4分)<br> 雷門は、浅草寺の山門。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレットに良く掲載されている。

「雷門」(約300m/徒歩4分)
 雷門は、浅草寺の山門。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレットに良く掲載されている。

「仲見世通り」(約300m/徒歩4分)煎餅や人形焼きなど日本の伝統的なお菓子や、草履などが並ぶ。

「仲見世通り」(約300m/徒歩4分)煎餅や人形焼きなど日本の伝統的なお菓子や、草履などが並ぶ。

「マルエツ・プチ花川戸二丁目店」(約200m/徒歩3分)生鮮食料品が揃っている便利な店。

「マルエツ・プチ花川戸二丁目店」(約200m/徒歩3分)生鮮食料品が揃っている便利な店。

「東京スカイツリー」(約800m/徒歩10分)東京を代表する観光名所になった世界一高いタワー。(高さ634m)

「東京スカイツリー」(約800m/徒歩10分)東京を代表する観光名所になった世界一高いタワー。(高さ634m)

「隅田川」(約500m/徒歩7分)川べりを散策できる遊歩道も整備されている。

「隅田川」(約500m/徒歩7分)川べりを散策できる遊歩道も整備されている。

「EKIMISE」(約400m/徒歩5分)東武スカイツリーライン浅草駅と商業施設が融合した複合ビル。2012年創業の浅草の新しい顔だ。

「EKIMISE」(約400m/徒歩5分)東武スカイツリーライン浅草駅と商業施設が融合した複合ビル。2012年創業の浅草の新しい顔だ。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/11/17 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.