パークアクシス日本橋人形町
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ中央区借りる前に知っておきたい、パークアクシス日本橋人形町の裏話。
情報更新日:2019-11-13

ピアノはどうして黒いのか?【パークアクシス日本橋人形町】

メイン写真

唐突だが、ちょっとピアノを想像してみてほしい。どんなイメージが浮かんだだろう。恐らく、黒くて艶のあるあの姿だと思う。学校の音楽室でも見られるお馴染みの楽器だが、なぜあんな風に真っ黒に塗られているのだろう。改めて聞かれると答えに困るのではないか。
現在のピアノの原型は、1709年ごろにイタリアでつくられた。当初は木目調が普通だったピアノだが、それが黒く塗られるようになったのは日本の影響だという説がある。日本の漆に魅せられたヨーロッパの王侯貴族が、ピアノを黒く塗らせたというのだ。
そのピアノが日本に入ってきたのは1800年代になってから。国内で製造されるようになったのはさらに後のことだ。三味線職人だった西川寅吉が西川風琴製造所を設立し、1886年からピアノの製造を始めたそうだ。
その年、日本橋人形町に生まれたのが、文豪・谷崎潤一郎だ。

谷崎潤一郎生誕の地。ビルの壁にプレートが設置され、脇には説明板が立てられている。

谷崎潤一郎生誕の地。ビルの壁にプレートが設置され、脇には説明板が立てられている。

人形町今半。1階では鉄板焼ステーキ、2階ではすき焼・しゃぶしゃぶをはじめとした日本料理が味わえる。

人形町今半。1階では鉄板焼ステーキ、2階ではすき焼・しゃぶしゃぶをはじめとした日本料理が味わえる。

谷崎潤一郎の代表作のひとつ、長編小説「細雪」(ささめゆき)。新潮文庫版なら全3冊、1冊にまとまった中公文庫版だと900ページを超える大作だ。主人公は大阪船場の旧家の美人四姉妹。その三女・雪子の縁談を軸に、1937年から1941年までの富裕層の生活や年中行事が描かれている。決して起伏に富んだ物語ではないのだが、一度読み始めると引き込まれてつい読みふけってしまうのは、さすが文豪の筆力ということだろうか。ちなみに新潮文庫で読む場合、裏表紙のあらすじを見てはいけない。大胆すぎるネタバレがそこにある。
その「細雪」の冒頭に、雪子が姪のピアノの稽古を見てやっている描写がある。作中には他にも、ピアノを弾いたりピアノの会へ行ったりする場面が随所に出てくる。それを思い出したのは、今回取材したパークアクシス日本橋人形町が、アップライトピアノ相談可となっているからだ。

甘酒横丁。その名前は、明治時代、横丁の入り口に「尾張屋」という甘酒屋があったことに由来する。

甘酒横丁。その名前は、明治時代、横丁の入り口に「尾張屋」という甘酒屋があったことに由来する。

パークアクシス日本橋人形町は、谷崎潤一郎生誕の地から約290m、徒歩4分の距離にある。飲食店や和菓子店などが立ち並ぶ甘酒横丁から1本入った通りに位置し、周囲は静かな環境だ。三井の賃貸レジデンス「パークアクシス」シリーズらしいスタイリッシュな姿で、その静かな道に佇んでいる。
エントランスにオートロックと管理人室があり、建物内には監視カメラを設置するなど、セキュリティ面への配慮が感じられる。不在時も荷物を受け取れる宅配ボックスや、24時間利用可能なゴミ置場といった設備は、忙しい生活の中で便利だ。また、屋内に駐輪場とバイク置き場が設けられており、愛車を安心して停めておける。

エレベーター内にもブランド名が刻まれている。

エレベーター内にもブランド名が刻まれている。

このマンションが建つ日本橋人形町は、長い歴史を持つ町だ。江戸時代初期、この地域に人形職人や人形を操る人形師などが多く暮らしていたことからその名で呼ばれるようになった。ピアノの発明よりも昔のことだ。現在でも町のあちこちにその歴史を感じることができる。たとえば、すき焼やしゃぶしゃぶの名店・人形町今半や、江戸時代創業の鳥料理店・玉ひでなど、人形町の由緒ある店は枚挙にいとまがない。
歴史を感じさせる風の中に立つパークアクシス日本橋人形町を見上げて、久しぶりに「細雪」をじっくり読んでみたくなった。長い物語の幕開けを告げる、ピアノの音が聞こえるような気がした。

パークアクシス日本橋人形町 物件概要

物件名称 パークアクシス日本橋人形町MAP 所在地 東京都中央区日本橋人形町2丁目22番9号
賃料 --- 円 交通 東京メトロ日比谷線「人形町」駅徒歩3分
間取 1LDK,1K 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上7階 築年月 2004/05
総戸数 32戸 管理人 巡回
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

生活を守るセキュリティ設備

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4

エントランスにはオートロックに加えて管理人室も設けられ、人の出入りがチェックされているという安心感がある。他にもエレベーター内に防犯カメラが設置されるなど、セキュリティ面への配慮がなされ、住民の生活を守ってくれるマンションになっている。

充実した共用設備で暮らしが快適に

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4

いつでも荷物を受け取れる宅配ロッカーや、24時間利用可能なゴミ置場が設置され、忙しい毎日の中で便利に使うことができる。郵便ポストにはプッシュ錠が付いており、プライバシー面で安心だ。また、駐輪場は1住戸1台無料。屋内に設けられているため、愛車を風雨や盗難から守れるのも嬉しい。

3駅4路線利用可能で主要駅へ便利にアクセス

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4

徒歩5分圏内に、東京メトロ日比谷線・都営浅草線の人形町駅、東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅、都営新宿線の浜町駅という3つの駅がある。大手町駅や秋葉原駅まで直通4分、新宿駅まで直通16分、渋谷駅まで直通20分など、都心の主要駅に便利にアクセスできる立地だ。

MAP

明治座(約400m/徒歩5分)。創業は1873年で、東京で最も長い歴史を持つ劇場。関東大震災や東京大空襲などで幾度も焼失したが、都度再建され、復興を遂げてきた。演劇やコンサート、落語などの公演を楽しめるのはもちろん、食堂や喫茶が設けられているので、幕間の時間も満喫できる。

明治座(約400m/徒歩5分)。創業は1873年で、東京で最も長い歴史を持つ劇場。関東大震災や東京大空襲などで幾度も焼失したが、都度再建され、復興を遂げてきた。演劇やコンサート、落語などの公演を楽しめるのはもちろん、食堂や喫茶が設けられているので、幕間の時間も満喫できる。

水天宮(約500m/徒歩7分)。安産、子授けの神様として知られ、戌の日には多くの参拝者が訪れる。

水天宮(約500m/徒歩7分)。安産、子授けの神様として知られ、戌の日には多くの参拝者が訪れる。

玉ひで(約260m/徒歩4分)。1760年創業の歴史ある鳥料理店で、親子丼発祥の店との説もある。

玉ひで(約260m/徒歩4分)。1760年創業の歴史ある鳥料理店で、親子丼発祥の店との説もある。

中央区立総合スポーツセンター(約500m/徒歩7分)。温水プールやトレーニングルームから、卓球場、ゴルフ練習場、アーチェリー場までさまざまな施設がそろう。

中央区立総合スポーツセンター(約500m/徒歩7分)。温水プールやトレーニングルームから、卓球場、ゴルフ練習場、アーチェリー場までさまざまな施設がそろう。

浜町公園(約500m/徒歩7分)。中央区の区立公園の中では最大で、かつ最も古い公園でもある。人々の憩いの場となっており、犬の散歩をする人の姿も見られる。

浜町公園(約500m/徒歩7分)。中央区の区立公園の中では最大で、かつ最も古い公園でもある。人々の憩いの場となっており、犬の散歩をする人の姿も見られる。

中央区立日本橋図書館(約350m/徒歩5分)。日本橋小学校との複合施設になっており、図書館は6、7階部分。読書や調べものに便利に利用できる。

中央区立日本橋図書館(約350m/徒歩5分)。日本橋小学校との複合施設になっており、図書館は6、7階部分。読書や調べものに便利に利用できる。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/11/7 高橋千尋

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.