ライオンズスクエア小石川後楽園
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ文京区借りる前に知っておきたい、ライオンズスクエア小石川後楽園の裏話。
情報更新日:2019-09-07

スポーツも自然もショッピングも満喫! 小石川の欲張りレジデンス【ライオンズスクエア小石川後楽園】

メイン写真

冬、厚いコートを着て、身体を動かしながらスポーツ観戦をするのが好きだ。特にアメリカンフットボールの試合は、最高に盛り上がる。生で試合を観たら、やめられない。会場に漂う観客と選手の一体感は、独特なものがある。スタジアムで言えば、東京ドームがスポーツ観戦好きにとっては聖地だ。試合が最高潮に盛り上がってくると、観客席からオーラが立ちのぼり、一万人を超える人々の一体感が生まれる。選手がファインプレーを見せてくれた時の興奮の坩堝と化した歓声は、テレビなどでは到底伝えきれない。アメリカンフットボールで言えば、応援しているチームが、ロングゲインを決めた際には、手も足も使って声援を送りたい。ましてや好きな選手が活躍したものなら、もう昇天しそうな勢いだ。臨場感が身体を支配し、その場を離れても耳がドームの雰囲気を覚えている。
今回、取材する建物は、プロ野球ファンやスポーツ観戦好きにははたまらない、東京ドームの近くのレジデンスだ。シーズン中の野球観戦にぴったりなのはもちろん、冬にはアメリカンフットボールなども観ることができ、一年中スポーツを楽しめる好立地にある。

東京ドーム(約1000m/徒歩13分)スポーツやロックの祭典など、一年を通してイベントが行われる。

東京ドーム(約1000m/徒歩13分)スポーツやロックの祭典など、一年を通してイベントが行われる。

ライオンズスクエア小石川後楽園 神田川と首都高速5号池袋線にほど近い。

ライオンズスクエア小石川後楽園 神田川と首都高速5号池袋線にほど近い。

ライオンズスクエア小石川後楽園 は、東京メトロ南北線飯田橋駅から徒歩12分の場所に建つ。2014年に竣工と比較的新しく、鉄筋コンクリート造、総戸数114戸の10階建、人気の大規模マンションだ。外観は明るいホワイト基調の格子柄デザインを採用し、街のシンボル的な存在感を醸し出している。エントランスは気品ある造りで、ロビーホールにはイタリアモダン風の調度品が置かれ、住まう人を出迎えている。ロビーを抜け、各部屋へと導かれる内廊下には中庭があり、緑の植栽が癒しを提供している。また、気が付けば館内には複数の防犯カメラがあり、訪問者用のオートロック(モニター付きインターフォン)が設置されている。見た目の良さだけではなく、セキュリティ面でもしっかり対策がされていると感じた。建物の共有部分には、大型の機械式駐車場を完備しており、バイク置き場もゆったりとしたスペースを確保している。さらに24時間いつでもゴミを捨てられる敷地内ごみ置き場があり、留守中にも宅配便を受けられる宅配ボックスも完備されている。また特筆すべきは、この住民だけが利用できる自転車シェアリングの制度があることだ。屋内駐輪場には、オレンジ色のステッカーが着いた専用自転車があり、それを自由に利用できる。住民への配慮が行き届いた建物であると感じた。

ライオンズスクエア小石川後楽園 建物周辺は緑の植栽に囲まれている。

ライオンズスクエア小石川後楽園 建物周辺は緑の植栽に囲まれている。

小石川後楽園周辺は、交通の便にも恵まれている。最寄りの飯田橋駅、後楽園駅、そして江戸川橋駅まで徒歩でそれぞれ12分、3駅複数路線が利用可能だ。そこから都内の主要駅である「東京・新宿・池袋・大手町」などへは、わずか10分以内で行けるなど、ライオンズスクエア小石川後楽園は、都会で暮らす者にとってはアクセスの良好な好立地にあると言える。
隣接する東京ドームシティには、飲食店、ショッピングスポット、遊園地があり、家族でもカップルでも休日を楽しむことができる。また、徒歩圏内には、ホテル、レストラン、スポーツクラブ、コンビニ、スーパー、飲食店も多数あり、実に住み心地のいい環境だ。食品ならほとんどのものが揃う成城石井や、マツモトキヨシなどのドラッグストアがあるため、毎日の暮らしに不便は見当たらない。

小石川後楽園(約600m/徒歩8分)池を中心とした庭園。1メートルクラスのマゴイが沢山棲んでいる。

小石川後楽園(約600m/徒歩8分)池を中心とした庭園。1メートルクラスのマゴイが沢山棲んでいる。

建物の名前となっている小石川後楽園は、江戸時代初期、水戸徳川家の二代藩主、水戸黄門で知られている光圀の代に完成した庭園だ。ライオンズスクエア小石川後楽園からは、徒歩圏内にある。庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」で、随所に中国的な趣が色濃い庭だ。光圀は庭を作るにあたり、わざわざ明の儒学者の朱舜水を招くという力の入れ様で、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられた。
ライオンズスクエア小石川後楽園に暮らせば、その建物そのものの魅力を堪能すると共に、ドームあり、庭園ありで、「世に先立って」この世の楽しみを満喫できるに違いない。

ライオンズスクエア小石川後楽園 物件概要

物件名称 ライオンズスクエア小石川後楽園MAP 所在地 東京都文京区水道1丁目2番17号
賃料 --- 円 交通 総武本線「飯田橋」駅徒歩12分
間取 4LDK,2LDK,3LDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上10階 築年月 2003/10
総戸数 114戸 管理人 日勤
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

敷地の中は緑でいっぱい癒しの空間を創造

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

建物の外も中も、豊富な緑の植栽が彩りを添えている。外構部分は地面をカバーするツル系の植物が、そして中庭には常緑系の植物が繁茂している。まるで庭園のように、腰かけて読書などを楽しめる空間だ。都市生活に癒しの緑を取り入れて、快適な空間造を目指している。

オートロックとカメラセキュリティは強力

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスには不審者対策として、各戸に直接つながるオートロック(インターフォン)があり、訪問先がロックを解除しなければその先へ入れないシステムを採用している。また館内には、複数の防犯カメラやエレベーターの乗員をチェックできるモニターが設置されており、セキュリティはしっかり対策されていると感じた。

エントランスとロビー直線デザインの妙

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4

エントランスとロビーホールは、床面のタイルが印象的。直線を生かしたデザインが効果的で、ロビー全体に洒落た印象を残している。
調度品や照明は現代風な印象を受け、トータルなバランスで居心地よい空間を演出している。

自転車も車もゴミも共有設備の充実

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

住民だけが出入り出来る、大型の機械式駐車場を完備している。また屋内バイク置き場もあるため、雨の日などには重宝しそうだ。また10台ほどの住民専用のシェアリング用の自転車も準備されており、共同利用すれば経済的にも助かりそうだ。24時間いつでもゴミを捨てられるゴミ置き場が設置されているほか、留守中でも荷物を受け取れる宅配ボックスも整備されている。

MAP

東京ドームアトラクションズ(約1000m/徒歩13分)時速130キロで観覧車の中心を潜り抜けるジェットコースター「サンダードルフィン」や、高さ13mから水中へダイブする「ワンダードロップ」などが人気。一度は乗ってみたいアトラクションばかりだ。

東京ドームアトラクションズ(約1000m/徒歩13分)時速130キロで観覧車の中心を潜り抜けるジェットコースター「サンダードルフィン」や、高さ13mから水中へダイブする「ワンダードロップ」などが人気。一度は乗ってみたいアトラクションばかりだ。

地下鉄南北線、東西線、有楽町線、大江戸線が乗り入れる「飯田橋駅」(約900m / 徒歩12分)

地下鉄南北線、東西線、有楽町線、大江戸線が乗り入れる「飯田橋駅」(約900m / 徒歩12分)

東京ドームシティフードコート(約1000m/徒歩13分)和食、イタリアン、中華など様々な飲食店が軒を連ねる。

東京ドームシティフードコート(約1000m/徒歩13分)和食、イタリアン、中華など様々な飲食店が軒を連ねる。

成城石井東京ドームラクーア店(約1000m/徒歩13分)食品ならほとんどのものが手に入る。

成城石井東京ドームラクーア店(約1000m/徒歩13分)食品ならほとんどのものが手に入る。

小石川後楽園(徒歩600m/徒歩8分)水戸光圀の肝いりで制作された日本庭園。日本中の著名な名所が再現されたコーナーもある。

小石川後楽園(徒歩600m/徒歩8分)水戸光圀の肝いりで制作された日本庭園。日本中の著名な名所が再現されたコーナーもある。

マツモトキヨシ メトロ・エム後楽園店(約1000m/徒歩13分)薬品や食品などを扱う便利なドラッグストア。

マツモトキヨシ メトロ・エム後楽園店(約1000m/徒歩13分)薬品や食品などを扱う便利なドラッグストア。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/8/28 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.