東京ハイタワー(Hightower)
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ足立区借りる前に知っておきたい、東京ハイタワー(Hightower)の裏話。
情報更新日:2020-10-02

住みたい街の住みたいタワーマンション【東京ハイタワー(Hightower)】

メイン写真

人気上昇中の「住みたい街」といったら、どこを連想するだろうか。遊んだりデートをするとなれば、渋谷、新宿などの人気が高い。一方、子育てをするとなると、敷地が広い臨海部の豊洲などが好評だろうか。何にフォーカスするかにより、勿論、住みたい街の基準が違ってくる。
ある不動産サイトで、2018年に東京23区内で住みたい街ランキングを行なった結果、1位は中野、そして2位が北千住だった。この北千住は異色なランクインで、2016年には真逆の「住みたくない街」の上位にランクインしていた。にもかかわらず、なぜこれほどまでに回復出来たのだろうか。その謎を解いていくと、北千住の意外な生活事情が見えてきた。

「北千住駅前」(約1050m/徒歩14分) JR・東京メトロ・東武鉄道・首都圏新都市鉄道が乗り入れている。駅前には大型商業施設が並び、地域のターミナルとしての役割を果たしている。

「北千住駅前」(約1050m/徒歩14分) JR・東京メトロ・東武鉄道・首都圏新都市鉄道が乗り入れている。駅前には大型商業施設が並び、地域のターミナルとしての役割を果たしている。

東京Hightower外観 洗練されたデザインの地上14階建。まさに天に聳えるタワーだ。

東京Hightower外観 洗練されたデザインの地上14階建。まさに天に聳えるタワーだ。

北千住の人気の理由は、主に3つある。1つ目は、ターミナル駅の割には、物価が安く都心へのアクセスが良いこと 、2つ目は、今後地価が上がって来るだろうと言われていること、そして 3つ目は、ディープさと便利さが同居しているところ、という点だ。そこで、不肖私が独断と偏見で、この3つの理由を探ってみる。
まず北千住の交通の利便性はどうだろうか。北千住駅は、JR、東武線、東京メトロ千代田線・日比谷線、つくばエクスプレス線の5路線が利用可能。千代田線を利用すれば大手町駅、霞ケ関駅、赤坂駅などへも一本で行ける。日比谷線は、秋葉原駅、銀座駅、六本木駅などへ乗り換えなしで移動でき、通勤通学にも大変便利だ。全国屈指のビッグターミナル駅と呼ばれるだけのことはある。
次に物価の面だ。北千住の駅から南北に分かれる道沿いには、毎日の買い物に便利な商店街や、駅ビル・駅前の大型商業施設も充実しており、生活をする上では間違いなく利便性は高い。駅前は再開発が進む一方、下町風情も残る商店街もあり、新旧が入り混じるエリアなのだ。駅前通りから一本裏の路地に入ると、昔懐かしい飲屋街が展開している。ディープさと、便利さが共存しているという所以も、ここにある。街を歩いていても、庶民感覚とでも言おうか、リーズナブルな価格設定で物価は決して高くはないと感じた。東京23区内の家賃相場を見ると、北千住のある足立区は家賃が安い順位が上から2番目にランキングされている。比較的家賃も安く、食品などの価格も安いため、人気があるのも頷ける。

東京Hightower外観 裏から見たデザインも個性的。非常階段の部分が凝った造りになっている。

東京Hightower外観 裏から見たデザインも個性的。非常階段の部分が凝った造りになっている。

2018年1月に「住みたい街」の上位にランキングされている北千住に完成したのは、「東京Hightower」。建物は地上14階建。構造は、防音・耐震・耐火にすぐれた堅牢な鉄筋コンクリート造だ。デザインは、印象的で一度見たら忘れないフォルム。グレーとクリームという2色の外壁の色が優しい雰囲気を醸し出す。1フロア2住戸で、全住戸角部屋の独立性に優れた部屋が用意され、日々の暮らしをより快適に過ごせるよう、考え抜かれた設備・仕様が施されている。
エントランスにはオートロックが完備、防犯カメラもついているため、部屋から来訪者を映像で確認できる。不審者は勿論、不要なセールスもシャットアウトできるので安心だ。セキュリティを重視したい方に、おすすめの物件だ。
共用部分には宅配ボックスを設置しており、不在時でも荷物の受取が可能。外出が多い人や、帰宅の遅い人にぴったりな設備だ。
建物の周りには、荒川の遊歩道が整備されおり、散策はもちろんのこと、ジョギングコースとしても快適だ。日々の暮らしを楽しみながら、週末には健康的に体を動かすことも出来そうだ。

東京Hightowerエントランス外観 個性的なデザインはエントランスにも反映されている。

東京Hightowerエントランス外観 個性的なデザインはエントランスにも反映されている。

さて、私が一番気がかりなことは、住みたい街ランキングの理由にあがっている、今後北千住の地価が上がるのかというポイントだ。当たり前のことだが、ものの値段は、全て需要と供給のバランスで決まる。不動産も例外ではない。住みたい人が多い地域の家賃が高くなるのは必然的なことだ。つまり、地域の人気度が家賃にそのまま反映されてしまうということになる。
その意味では、北千住の人気は、即不動産の価格に反映されてしまうかもしれない。地価が上がる可能性は高い。
北千住の良さを享受出来る理想的なマンションであるという理由から、「住みたい物件ランキング」があれば、「東京Hightower」に一票を投じたい。

東京ハイタワー(Hightower) 物件概要

物件名称 東京ハイタワー(Hightower)MAP 所在地 東京都足立区千住大川町6丁目18番
賃料 --- 円 交通 東京メトロ日比谷線「北千住」駅徒歩13分
間取 1LDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上14階地下1階 築年月 2017/12
総戸数 24戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

住人を守る強固なセキュリティ

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスに入ると不審者が入らぬよう、オートロックと防犯カメラによりチェックが行われる。エレベータ内も外から乗員の確認が出来る仕組み。深夜帰宅が遅くなっても、これなら安心が出来る。

シンプルながら洗練された共用設備

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

1階のエントランススペースには、屋内駐輪場が準備されているため雨で愛車が濡れる心配がない。留守でも荷物を受け取れる宅配ボックスがあり、忙しい人に便利な装備だ。また若干だが駐車場も完備しているため、契約などは相談してほしい。

スタイリッシュな外観シックなグレーの塔

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

ハイタワーの名の通り、タワーマンションとしての外観は美しい。外観のシックなグレー色に加えて、エントランス内側はタイル貼りの瀟洒な雰囲気を持つ。館銘板の筆記体の文字も洒落ている。個性的デザインが印象的なマンションだ。

MAP

「荒川」(約200m/徒歩3分)東京湾に注ぐ一級河川。周辺は散策路となっており、ランニングや散歩などを楽しめる。またバス釣りの名所としても知られ、ブラックバスやシーバス、ナマズも釣れるという。

「荒川」(約200m/徒歩3分)東京湾に注ぐ一級河川。周辺は散策路となっており、ランニングや散歩などを楽しめる。またバス釣りの名所としても知られ、ブラックバスやシーバス、ナマズも釣れるという。

東京地下鉄千代田線「北千住駅」(約1050m/徒歩14分)大手町駅、霞ケ関駅、赤坂駅などへも一本で行けるため、便利な路線だ。

東京地下鉄千代田線「北千住駅」(約1050m/徒歩14分)大手町駅、霞ケ関駅、赤坂駅などへも一本で行けるため、便利な路線だ。

「ルミネ北千住店」「マルイ北千住店」(約1050m/徒歩14分)など大型商業施設が並ぶ。ファッション、飲食などが総合的に楽しめる施設が駅前に集中している。通勤・通学時にも利用できる便利な施設。

「ルミネ北千住店」「マルイ北千住店」(約1050m/徒歩14分)など大型商業施設が並ぶ。ファッション、飲食などが総合的に楽しめる施設が駅前に集中している。通勤・通学時にも利用できる便利な施設。

「宿場町通り商店街」(約1000m/徒歩13分) 旧日光街道に面して江戸時代初めに設けられた千住宿の中心とされた場所にある商店街。60年の歴史がある。

「宿場町通り商店街」(約1000m/徒歩13分) 旧日光街道に面して江戸時代初めに設けられた千住宿の中心とされた場所にある商店街。60年の歴史がある。

「成城石井北千住店」(約1050m/徒歩14分)品ぞろえが豊富な食品店。高級食材も扱っているため、料理の材料を求めるには便利なお店。

「成城石井北千住店」(約1050m/徒歩14分)品ぞろえが豊富な食品店。高級食材も扱っているため、料理の材料を求めるには便利なお店。

「北千住バス乗り場」(約1000m/徒歩13分)都営バスと東武バス、およそ10路線のバスターミナルともなっている。

「北千住バス乗り場」(約1000m/徒歩13分)都営バスと東武バス、およそ10路線のバスターミナルともなっている。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2018/1/16 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.