Haluwa芝公園
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ港区借りる前に知っておきたい、Haluwa芝公園の裏話。
情報更新日:2020-10-06

潮の香りに包まれて、海岸通りの暮らしはいかが!【Haluwa芝公園】

メイン写真

幼い頃、海沿いの街に育った私は、いつか潮の香りのする場所に住むことが、夢だ。今回、取材する物件は、地図を見る限りでは、運河や港にほど近い。港区ときいて血が騒いでいる。
都営地下鉄三田線に乗り、三田駅で降りる。駅に着くや否や、潮の香りがもう漂っている。気分が高揚してきた。目指す物件は、芝二丁目の大通り。第一京浜道路に面して、カラフルな建物が並んでいる。そのひときわ高い建物が、「Haluwa芝公園(ハルーワ)」だ。

「御座船 安宅丸」(約400m/徒歩5分)ランチと演劇を楽しみながら、屋形船で東京湾周遊が出来る。

「御座船 安宅丸」(約400m/徒歩5分)ランチと演劇を楽しみながら、屋形船で東京湾周遊が出来る。

Haluwa芝公園外観 建物のベージュ色と、手摺板のライトブルーのコントラストが美しい。(左から3棟目の建物)

Haluwa芝公園外観 建物のベージュ色と、手摺板のライトブルーのコントラストが美しい。(左から3棟目の建物)

「Haluwa芝公園」は、2015年に竣工したハイグレードマンションで、地上15階建の鉄筋コンクリート造。外壁のベージュとバルコニー手摺のライトブルーのコントラストが美しい外観。エントランス空間は、まるでヨーロッパの洒落たホテルのよう。白を基調とした斬新なデザインが光る。
セキュリティ面はしっかり対策を施しており、エントランスのオートロックからはじまり、館内施設やエレベーターに設置された防犯カメラは数が多く、不審者に対する意識の高さを物語っている。デザイナーズマンションは、兎角、デザインにはこだわりが強いものだが、このマンションはデザイン以外にも隙がない。
また、セキュリティ以上に、共用設備についても配慮が行き届いている。裏通りに面して屋内駐輪場出入り口があり、雨天でも愛車を濡らす事がない。また、24時間利用出来るゴミ置場があるため、時間を気にせずにゴミを出せるのは有難い。さらに留守でも荷物を受け取れる宅配ボックスがあるなど、一人暮らしの方にも嬉しい設備だ。また、狭い敷地内でも切り返しが楽に出来るターンテーブルが付いた機械式の屋内駐車場があるため、大変便利だ。第一京浜道路を使えば、公共の交通機関にプラスして行動範囲が広がり、ドライブしながら少し遠出も楽しめる。自家用車をお持ちの方には、おススメだ。

エントランス外観 お洒落な角ばったデザインが目を引く。

エントランス外観 お洒落な角ばったデザインが目を引く。

芝は、かつて運河で栄えた街。運河沿いに暮らす人々は、小魚などを獲り、生計をたてていた。明治の初め頃は、海運が主流だったため、運河を遡り、大きな荷物などを目的地へ運び入れていた。今でも、そうした運河交通の名残を留めているため、芝の街は、どこに居ても運河がそばにあり、そして海へとつながっている。
ところで、「Haluwa芝公園」の前には、旧海岸通りが通っている。なんとも、魅力的な名前の通りではないか。そこを辿ると、芝浦運河にでる。私の大好きな潮の香りがツンと鼻先をくすぐる。さらに、運河に架かった東芝浦橋、古川水門、新芝浦橋、末広橋を横目に見ながら、運河沿いを歩く。やがて「水辺の広場」が見えてきた。ここは子ども向けアクション番組の特撮シーンがよく撮られる場所として知られている。とくに古代ギリシャのパルテノン神殿を思わせるような柱がある「水の迷路」は、幻想的な場所。撮影場所としても人気があるようだ。広場の先にはオフィスビル「シーバンス」が2棟並び、その間にあるアトリウム棟だけは開放されている。中には大規模なイベント会場があり、飲食店や人工の川が流れているのんびりとくつろげる場所だ。
運河に戻り、竹芝橋から水辺に下り、新芝運河沿いを歩く。ここは、きれいに整備された遊歩道。おしゃれなガス燈がとてもすてき。夕暮れには自動的にガス燈が点灯し、ロマンチックな散歩が楽しめる。
こうして、Haluwa芝公園からほんの300メートルほど歩いただけで、なんともバリエーションに富んだ、運河の都の風情を感じる事が出来る。潮風が好きな人には、たまらない環境だ。

気品溢れるHaluwa芝公園のエントランス部分。

気品溢れるHaluwa芝公園のエントランス部分。

今回、紹介している「Haluwa芝公園」は交通の便が良く、徒歩10分圏内に三田駅、田町駅、大門駅があり、地下鉄についても三田線、浅草線、山手線、京浜東北線、大江戸線と複数路線が利用出来る。都心へもスムーズにアクセスが出来る。
また、Haluwa芝公園に暮らす人の特権としては、日本を代表する観光スポットである東京タワーや、緑溢れる都心のオアシスである芝公園が近くにあることだ。その壮観な景色を眺めているだけで、私は心が晴ればれする。この距離に著名なスポットが密集しているなんて、なんとも贅沢な気がする。
潮の香りの中で佇むHaluwa芝公園。その良さは、住んでみて年月を重ねる度に、深みを増していくに違いない。最後に、私が使ってはいけないと自分で決めている言葉をぜひ捧げたい。「この物件、ほんとうに羨ましい!」

Haluwa芝公園 物件概要

物件名称 Haluwa芝公園MAP 所在地 東京都港区芝2丁目29番8号
賃料 --- 円 交通 都営三田線「三田」駅徒歩6分
間取 1LDK,1K 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上15階 築年月 2015/12
総戸数 84戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

質実剛健 セキュリティにも優れた建物

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

メインエントランスには、モニター付きインターフォン(オートロック)があるため、訪問者を確認して解錠するほか、敷地内にある複数の防犯カメラが不審者をチェックする。またエレベーターの乗員もモニターで確認ができるため、深夜遅くに帰宅しても安心感がある。勿論、各戸の玄関前にはモニター付きインターフォンがあるため、訪問者の最終確認が出来る。しっかりとしたセキュリティが、住人を守ってくれている。

配慮の行き届いた共用設備

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

屋内駐輪場があるため、雨天でも愛車を雨に晒すことがない。また、留守がちな人でも荷物を受け取ることが出来る宅配ボックスを設置しているほか、24時間利用できるゴミ置き場があるため、忙しい人にも嬉しい設備だ。またターンテーブル付きのため、敷地が狭くてもスムーズに車庫入れが出来る機械式駐車場を完備している点も優れている。一階のメインエントランス横には、管理人室があるため、困ったことがあれば気軽に相談出来るところも配慮が行き届いていると感じた。

直線のラインを使った先進の内装デザイン

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランス周りは、白と黒を使ったモノトーンで配色され、直線のラインを巧みに使ったデザインが妙。電飾は、クラシカルな雰囲気を大事にしており、気品溢れる仕様になっている。住まう人が愛着を持つ個性的なデザインはさすがだ。

MAP

「シンフォニー クラシカ号」が停泊している日の出埠頭(約400m/徒歩5分)450人乗りの客船に乗り、美味しいバイキングを楽しみながら、東京湾クルーズが出来る。(ランチ5000円/1人から 税込み・サ別)※2017年11月現在 

「シンフォニー クラシカ号」が停泊している日の出埠頭(約400m/徒歩5分)450人乗りの客船に乗り、美味しいバイキングを楽しみながら、東京湾クルーズが出来る。(ランチ5000円/1人から 税込み・サ別)※2017年11月現在 

新交通ゆりかもめ線「日の出駅」(約400m/徒歩5分)臨海部を跨いで、移動に便利な路線だ。

新交通ゆりかもめ線「日の出駅」(約400m/徒歩5分)臨海部を跨いで、移動に便利な路線だ。

「東京モノレール」(約200m/徒歩3分)旧海岸通りに架かる高架を進むモノレール。1964年に開業して、2度目のオリンピックを迎える。

「東京モノレール」(約200m/徒歩3分)旧海岸通りに架かる高架を進むモノレール。1964年に開業して、2度目のオリンピックを迎える。

「芝浦運河」(約350m/徒歩5分)運河沿いは散策路になっている。遠くに末廣橋が見える。

「芝浦運河」(約350m/徒歩5分)運河沿いは散策路になっている。遠くに末廣橋が見える。

「水辺の広場」(約380m/徒歩5分)古代ギリシャのパルテノン神殿を思わせるような柱が並ぶ広場。夏は、周囲に水が流れ涼しい場を提供している。

「水辺の広場」(約380m/徒歩5分)古代ギリシャのパルテノン神殿を思わせるような柱が並ぶ広場。夏は、周囲に水が流れ涼しい場を提供している。

「シーバンス ア・モール」(約400m/徒歩5分)イベントホールを中心に、カフェやレストラン、生鮮食料品店などが入った複合施設。

「シーバンス ア・モール」(約400m/徒歩5分)イベントホールを中心に、カフェやレストラン、生鮮食料品店などが入った複合施設。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/11/27 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.