コンフォリア二番町
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ千代田区借りる前に知っておきたい、コンフォリア二番町の裏話。
情報更新日:2021-11-21

文化発祥の地 二番町に暮らす【コンフォリア二番町】

メイン写真

千代田区二番町は、泣く子も黙る江戸城の警護軍団「大番組(おおばんぐみ)」の本拠地からとった名前だ。そのため、とにもかくにもお堅いイメージがある。確かにくだけた飲食店が一軒もないため、「面白味がない」と嘆く人もいる。
千代田区二番町は、飲食店や華やかな店舗などの建築は禁じられている文教地区のため、学校や病院などの施設以外には、住居としてのマンション建築くらいしか認められていない。江戸時代、この界隈には武家屋敷が立ち並んでいたが、明治時代になると伯爵や高級官吏の邸宅が並ぶ高級住宅地となった。1920年代から1970年代前半にかけて活躍した日本の小説家で、『徳川の夫人たち』『花物語』などの大衆小説で有名な吉屋信子(よしやのぶこ)や、『日本三文オペラ』『井原西鶴』『銀座八丁』などが代表作のプロレタリア文学の作家武田麟太郎も、この二番町に住んでいた。二番町ではないが同じ番町という事では、作家の有島武郎や画家の藤田嗣治なども、番町に暮らしていた。芥川賞や直木賞を設立した作家の菊池寛もこの界隈に住んでいた。夏目漱石、森鴎外、樋口一葉らが住んでいた本郷界隈や、田端、馬込、世田谷など、多くの文学者や芸術家たちの住んでいた文士村と呼ばれる地域に勝るとも劣らない、そうそうたるメンバーが二番町に住んでいた。芸術家たちをひきつけてやまない何かがこの二番町にはあるようだ。
また、二番町では日本テレビの存在も忘れることは出来ない。昭和二十七年(1952年)に開局した日本テレビは、当時、海抜184メートルの鉄塔が自慢で、その展望台からは皇居や国会議事堂を望むことが出来たという。今では本社が移転したため、社屋だけが残ってはいるが、界隈には今も日本テレビがあったことで潤った飲食店や映像制作会社などが建っている。つまり二番町は、数々の文化発祥の地でもあるのだ。面白味がないなんて言うには、まだ早い。

「番町文人通り」(約100m/徒歩2分)住んでいた時期は必ずしも一致しないが、道の東から西に向かって、藤田嗣治(画家)、島崎藤村(小説家)、初代中村吉右衛門(歌舞伎)、泉鏡花(小説家)、有島武郎(小説家)、菊池寛(小説家)、武田鱗太郎(作家)、与謝野晶子・寛夫妻(歌人・作家)といった人々が居住していた。

「番町文人通り」(約100m/徒歩2分)住んでいた時期は必ずしも一致しないが、道の東から西に向かって、藤田嗣治(画家)、島崎藤村(小説家)、初代中村吉右衛門(歌舞伎)、泉鏡花(小説家)、有島武郎(小説家)、菊池寛(小説家)、武田鱗太郎(作家)、与謝野晶子・寛夫妻(歌人・作家)といった人々が居住していた。

コンフォリア二番町エントランス外観 アプローチの石畳に高級感を感じる。

コンフォリア二番町エントランス外観 アプローチの石畳に高級感を感じる。

そんな二番町の真ん中を貫く番町中央通りに面して立っているのが、今回、取材をする「コンフォリア二番町」だ。通りを挟んで向かい側にはベルギー大使館や、裏手にはイスラエル大使館があり、国際的にも華やかな通りに面している。オフィス街と言ったらいいだろうか、沢山の人たちが勤めているにもかかわらず、街は静まり返っているという印象だ。最寄りの駅は、徒歩1分にある東京メトロ有楽町線「麹町駅」。番町という都心中枢の邸宅地にありながら、駅の間近にあるという、この上ない利便性を享受できる。
「コンフォリアシリーズ」は、東急不動産がプロデュースしている高級賃貸レジデンスシリーズ。東急不動産が、分譲マンションで培った豊富な経験と実績を生かした賃貸専用レジデンスだ。マンション名の「COMFORIA」とは英語で「快適」を表すComfortと、ラテン語で「場所」を表すiaを組み合わせた造語。快適な住みやすさを追求した場所という意味だ。都内各地に竣工されている地域と並んで、この二番町でも快適さを味わってもらおうと2006年2月に建てられた。

周辺の建物に比べ、華やかさのある薄いブラウン色が印象的な、コンフォリア二番町外観。 

周辺の建物に比べ、華やかさのある薄いブラウン色が印象的な、コンフォリア二番町外観。 

二番町に建つ建物は、ほとんどがグレー色。薄茶色のコンフォリア二番町は、周辺に明るい印象を振りまいており、数々の文人を生み出して来たこの街に相応しい佇まいだ。建物の中へ入ると、ロビーは優しい灯りに包まれ、内壁と光が織りなす陰影が美しい世界が創造している。まるで高級ホテルのような仕様。部材に質の高さを感じさせる。
エントランスにあるオートロックは訪問者を確認してから、ドアを開ける仕組み。館内にある複数のカメラとともに防犯に有効だ。また、エレベーター内をモニターで確認できるため安心だ。
スペースは狭いながらも、エントランス前に駐車できる。またエントランス横から入る専用駐輪場は間口がとても広く、余裕をもって駐輪できるため出し入れにも便利だ。一方、ゴミ置き場や宅配ボックスなど、共用設備が置かれる位置はとても工夫されている。ロビーやエントランスに入っても、視界から外れるよう配置されているのだ。出来るだけ生活臭を意識させないよう配慮されている。こうしたきめ細かな設計から、建物全体に漂う洗練された雰囲気まで、この建物が表現しているのは、二番町に建つ「誇り」なのだ。

館銘板が凛々しく見えるコンフォリア二番町のエントランス。

館銘板が凛々しく見えるコンフォリア二番町のエントランス。

コンフォリア二番町の建つ、千代田区二番町4番に最も近く住んでいた文化人は、作家の武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)だ。実篤がこの二番町に住んでいたのは、彼が育った家を離れて、妻をめとり所帯を持った1910年の頃。その頃は、一方的な恋心を持つおかしな男の話である『お目出たき人』の執筆や、恋が親友との仲を壊していく物語『友情』の構想を深めていた時期と重なる。若くて血気盛んな時に、この二番町に住んでものした作品には、愛や友情といった人間の根源に内在するテーマが多い。二番町に住み、歩き、感じたことが彼を奮い立たせ、筆を執ったに違いない。そして数々の文化人が愛してやまなかった、二番町の魅力の深さを一層感じたはずだ。
一から一をひけば零である。人生から愛をひけば何が残る。
土地から水分をとれば、沙漠になるようなものだ。- 武者小路実篤 -
人生を深く考えることが出来るほど、静かで、落ち着いた二番町。コンフォリア二番町に住めば、この地が放つ魅力的な力を享受し、これからの自分の輝きに変えられるに違いない。

コンフォリア二番町 物件概要

物件名称 コンフォリア二番町MAP 所在地 東京都千代田区二番町4番8号
賃料 --- 円 交通 東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩1分
間取 1LDK,1R 専有面積 ---
構造/階建て 鉄骨鉄筋コンクリート造/地上15階地下1階 築年月 2006/02
総戸数 42戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

セキュリティの充実人の目と機械による防犯

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスには、モニター付きインターフォン(オートロック)が設置され、館内施設には防犯カメラが置かれ不審者をチェックしている。エレベーターに乗っても、住人以外には立ち寄り制限があり、他の階で自由に降りることが出来ない仕組みだ。

光と陰を使った好演出エントランスの意匠

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

エントランスに一歩足を踏み入れると、光の使い方に驚く。光源は見えないが、ほのかに明るい照明を配置したり、外光を取り入れたりと、光と影を巧みに使った演出に魅了される。夜には、アプローチの石畳の横にも照明が灯され、気高い雰囲気を漂わせる。意匠を凝らしたエントランス周りの工夫は目を見張る。

共用設備もスタイリッシュを重視

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

駐輪スペースの広い駐輪場は停めやすく整理整頓されているため、使い易い。また、住人の利用しやすいよう、駐車場はエントランス前に設置されている。(契約は要確認)24時間利用できるゴミ置き場や、留守でも荷物を受け取れる宅配ボックスも用意されているため、時間の制約が無く、アクティブに日々の暮らしも送ることが出来る。

MAP

「生鮮食品館麹町店」(約100m/徒歩2分)日々の暮らしに必要な食品や雑貨、など品揃えが豊富。夜9時まで営業しており、勤め帰りでも間に合う便利な店。

「生鮮食品館麹町店」(約100m/徒歩2分)日々の暮らしに必要な食品や雑貨、など品揃えが豊富。夜9時まで営業しており、勤め帰りでも間に合う便利な店。

「表千家東京稽古場」(約200m/徒歩3分)茶道の稽古場は、市中の山居の佇まいで、立ち並ぶ高層ビルディングのただ中にある。

「表千家東京稽古場」(約200m/徒歩3分)茶道の稽古場は、市中の山居の佇まいで、立ち並ぶ高層ビルディングのただ中にある。

「有島武郎兄弟の住居跡」(約300m/徒歩4分)『或る女』などで知られる白樺派の代表作家。有島武郎の兄弟が生まれ育った住居が文人通りの傍に建っていた。

「有島武郎兄弟の住居跡」(約300m/徒歩4分)『或る女』などで知られる白樺派の代表作家。有島武郎の兄弟が生まれ育った住居が文人通りの傍に建っていた。

「日本テレビ麹町ビル」(約100m/徒歩2分)日本テレビ通りに社屋が建つ。本社は東新橋。1952年 7月31日 日本で最初のテレビ放送予備免許を取得した。

「日本テレビ麹町ビル」(約100m/徒歩2分)日本テレビ通りに社屋が建つ。本社は東新橋。1952年 7月31日 日本で最初のテレビ放送予備免許を取得した。

「ベルギー大使館」(約100m/徒歩2分)オフィスビルとの複合施設として、建て替えられた。前庭に広場があり、近隣にとっての憩いの場となっている。

「ベルギー大使館」(約100m/徒歩2分)オフィスビルとの複合施設として、建て替えられた。前庭に広場があり、近隣にとっての憩いの場となっている。

「番町文人通り案内」(約100m/徒歩2分)二番町と六番町の間に掲げられた案内板。生家や住居跡が記されている。

「番町文人通り案内」(約100m/徒歩2分)二番町と六番町の間に掲げられた案内板。生家や住居跡が記されている。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/12/21 岡田和彦

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.