ザ・パークハウス千代田麹町
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ千代田区借りる前に知っておきたい、ザ・パークハウス千代田麹町の裏話。
情報更新日:2022-01-17

日本の「国菌」をご存じ?【ザ・パークハウス千代田麹町】

メイン写真

日本の国花は桜、もしくは菊。国鳥はキジ。では「国菌」は何か、ご存じだろうか。
日本を代表する菌・国菌とされているのは、麹菌(こうじきん)だ。この菌は、でんぷんやたんぱく質を分解する働きを持ち、酒や醤油の醸造などに広く用いられる。近年ブームとなっている塩麹は、麹に塩と水を加えて発酵・熟成させたものだ。日本での麹の利用の歴史は古く、奈良時代の地誌「播磨国風土記(はりまのくにふどき)」にも麹を使った酒づくりについて書かれている。このような歴史や重要性を踏まえて、2006年、日本醸造学会によって国菌に認定されたのだ。

格子状のデザインが特徴的な外観。

格子状のデザインが特徴的な外観。

和の趣を感じさせるモチーフが、マンションの各所に使われている。

和の趣を感じさせるモチーフが、マンションの各所に使われている。

千代田区には、この麹を名に冠する「麹町」という地名がある。由来には諸説あるが、一説には江戸時代、麹をつくる家があったことにちなむそうだ。当時の麹町には大名屋敷のほか、商家も多く立地し、日本橋と並ぶほどの勢力を誇っていたとも言われる。
この由緒ある地域に建っているのが、今回取材したザ・パークハウス千代田麹町だ。築年月は2017年11月。私が訪れた時点では、完成からまだ1ヶ月ほどしか経っていなかった。それにもかかわらず、ずっと前からこの場所にあるような、落ち着いた存在感を漂わせるマンションである。その佇まいの理由のひとつは、外観に使われている格子状のモチーフだ。外観のデザインは、「この地の今昔に敬意を込めて」、江戸の意匠・格子をモダンにアレンジしたものだという。

麹町は、かつて文豪や芸術家が多く住んだエリアでもある。写真は画家・藤田嗣治の旧居跡(約100m/徒歩2分)。

麹町は、かつて文豪や芸術家が多く住んだエリアでもある。写真は画家・藤田嗣治の旧居跡(約100m/徒歩2分)。

もちろん、ザ・パークハウス千代田麹町がこだわっているのは見た目ばかりではない。三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウス」シリーズらしく、快適な暮らしに役立つ設備も数多く用意されている。宅配ロッカーや24時間利用可能なごみ置き場は、自分の都合に合わせて使うことができ、忙しい生活の中で嬉しい存在だ。駐車場は屋内タワー式で、悪天候でも濡れることなく車に乗り降りできる。盗難の心配が少ないのもメリットだ。また、駐輪場には屋根がついており、愛車を風雨にさらすことなく停めておくことができる。

最寄りはJR四ツ谷駅。マンションから駅まで徒歩2分という好立地。

最寄りはJR四ツ谷駅。マンションから駅まで徒歩2分という好立地。

このマンションのもうひとつの魅力が、優れた交通利便性だ。徒歩2分の距離にあるJR四ツ谷駅をはじめ、東京メトロの四ツ谷駅、麹町駅、半蔵門駅という4つの駅が利用可能。使える路線は7つに及び、新宿、東京、銀座などの駅に乗り換えなしでアクセスできる。
土地の伝統を思わせる外観に、心地よい生活を支える数々の設備。加えて、都心を自在に移動できる交通網。多彩な魅力を備えたザ・パークハウス千代田麹町は、日本の食文化に深く根付いた麹のように、長く愛されるマンションになるだろうという予感を覚えた。

ザ・パークハウス千代田麹町 物件概要

物件名称 ザ・パークハウス千代田麹町MAP 所在地 東京都千代田区麹町6丁目4-6
賃料 --- 円 交通 中央本線「四ツ谷」駅徒歩2分
間取 1LDK,2LDK 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上17階地下1階 築年月 2017/11
総戸数 77戸 管理人 日勤
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

植栽が彩る潤いのある暮らし

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

マンションの周囲にはさまざまな種類の草木が植えられ、日々の生活の中で自然を感じることができる。中でも、建物の側面に配置された竹は、縦格子とともに和の雰囲気を演出。麹町という由緒ある街にふさわしい佇まいとなっている。

充実の共用設備とセキュリティ対策

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

24時間利用可能なごみ置き場は、毎日の暮らしに便利な設備だ。駐車場は屋内に設けられ、駐輪場には施錠できる扉が付いている。愛車を安心して停めておける環境だ。セキュリティ面についても、エントランスのオートロックに加え、防犯カメラを各所に設置。住人の安全を守っている。

MAP

迎賓館赤坂離宮(約1000m/徒歩13分)。1909年に完成した、明治期洋風建築の代表作のひとつ。その後、改修を経て、1974年から迎賓館として使用されている。条約調印や記者会見などに用いられる「彩鸞(さいらん)の間」、公式晩餐会が催される「花鳥の間」など、見どころが多数。2016年4月からは、通年で一般公開が行われている。

迎賓館赤坂離宮(約1000m/徒歩13分)。1909年に完成した、明治期洋風建築の代表作のひとつ。その後、改修を経て、1974年から迎賓館として使用されている。条約調印や記者会見などに用いられる「彩鸞(さいらん)の間」、公式晩餐会が催される「花鳥の間」など、見どころが多数。2016年4月からは、通年で一般公開が行われている。

アトレ四谷(約290m/徒歩4分)。JR四ツ谷駅直結の駅ビル。食料品店や雑貨店、カフェ・レストランなどが入っている。

アトレ四谷(約290m/徒歩4分)。JR四ツ谷駅直結の駅ビル。食料品店や雑貨店、カフェ・レストランなどが入っている。

上智大学(約500m/徒歩7分)。日本で最初のカトリック系大学。イエズス会が1911年に設立した「上智学院」が前身で、1913年に現在の校名となった。

上智大学(約500m/徒歩7分)。日本で最初のカトリック系大学。イエズス会が1911年に設立した「上智学院」が前身で、1913年に現在の校名となった。

紀尾井ホール(約600m/徒歩8分)。クラシック音楽専用の紀尾井ホールと、邦楽専用の紀尾井小ホールから成る。

紀尾井ホール(約600m/徒歩8分)。クラシック音楽専用の紀尾井ホールと、邦楽専用の紀尾井小ホールから成る。

カトリック麹町聖イグナチオ教会(約180m/徒歩3分)。主聖堂は命と復活の象徴である卵の形で、キリストの復活を表現している。

カトリック麹町聖イグナチオ教会(約180m/徒歩3分)。主聖堂は命と復活の象徴である卵の形で、キリストの復活を表現している。

心法寺(約140m/徒歩2分)。1597年に開かれた、浄土宗の寺院。

心法寺(約140m/徒歩2分)。1597年に開かれた、浄土宗の寺院。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2017/12/15 高橋千尋

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.