grow
- 借りる前に知っておきたい裏話 -

下へスクロール
0120-791-052営業時間 9:00~18:00定休日:なし(年末年始を除く)

資料請求資料請求空室状況空室状況
トップページ港区借りる前に知っておきたい、growの裏話。
情報更新日:2020-10-02

グッドデザイン賞を受賞した高級デザイナーズマンション【grow】

メイン写真

デザイナーズマンションと呼ばれる物件はいくつもあるが、そのなかでも今回は2006年にグッドデザイン賞を受賞したgrowという名前のマンションを訪れることになった。このマンションは、建築設計以外の分野のデザイナーが、建築家とコラボレーションを行って完成させた物件だという。マンション名の「成長する・発展する」というネーミングは、ジャンルの違う人々の化学反応によって発展したマンションという意味が込められているのかもしれない。

3棟ある建物の中央に伸びる1本の木が印象的だ。

3棟ある建物の中央に伸びる1本の木が印象的だ。

growは東京メトロ千代田線の赤坂駅を出て5分という立地。赤坂サカスや商店街が近くにあり、暮らしやすい。

growは東京メトロ千代田線の赤坂駅を出て5分という立地。赤坂サカスや商店街が近くにあり、暮らしやすい。

growは東京メトロ千代田線の赤坂駅より徒歩5分、銀座線の溜池山王駅より徒歩7分という好立地にある。赤坂駅前にはTBS放送センターを中心とした赤坂サカスがあり、周辺は平日でも多くの人々で賑わっている。そんな繁華街からgrowのある方向へ足を向けると、とても静かな住宅地が広がっていた。その理由のひとつは、周りに高級住宅が多いからだろう。元々赤坂の地は、江戸城の西側にある山の手台地だったため、徳川家から重視された土地だった。赤坂の高台には紀州徳川家をはじめ、旗本や大名の屋敷が広がっていたのだという。その屋敷跡に高級住宅が建てられたのだった。赤坂駅周辺が賑わっているので、あまりのギャップに驚いてしまうほどだ。

マンションはグレーの直方体のシンプルなデザインで、正面からは内部のらせん階段が見える。

マンションはグレーの直方体のシンプルなデザインで、正面からは内部のらせん階段が見える。

高台から転坂(ころびざか)と呼ばれる坂を下りる途中の細い道を入ると、シンプルなgrowの館銘板が立っている。緑が両サイドに植物が植えられた道が奥へと続いており、オートロックを抜けるとグレーの3つの建物が並んでいた。growはこの3棟からなる建物だ。
この一帯だけ別世界のような雰囲気で、マンション前の道は、どこか海外の庭園のように見える。growがグッドデザイン賞を受賞した理由のひとつが、「新しい物づくりを提案している」ということだった。敷地内に広がるデザインを見ていると、それがとてもよく分かる気がした。
そして、3つのマンションが立ち並ぶ中心に1本の木が伸びているのも印象的だ。僕はこの木を見てアンドレイ・タルコフスキー監督の映画『サクリファイス』を思い出した。「一つの目的を持った行為は、いつか効果を生む」と言って、木に水をやるように主人公が息子に語りかけるシーンが不意に頭に浮かんだのだ。とても絵になる場面で、最後まで重要なところで登場する。映画でもそうだったが、マンションの敷地内でも、この木がとても大きな役割をもっているように見えた。

シンプルな館銘板がアプローチの緑のなかに立っている。

シンプルな館銘板がアプローチの緑のなかに立っている。

建物の構造に目を向けると、その斬新さが目に留まる。ファサード(正面)の部分は全面がガラス張りになっている。どの階に行くにも各住戸専用の玄関から入り、2、3階に行くには、それぞれ専有のらせん階段を上って、さらにドアを開けて部屋に入っていくという仕組みになっている。共通の入口がないため「長屋」と表現されるのも面白い。らせん階段の部分は、夜になると照明デザイナーが設計した階段内のライトが輝き、幻想的な様子が見られるという。ぜひ1度、夜の様子も見てみたいものだ。
建物内をひと通り見終わってから外に出ると、再びスラリと伸びた1本の木が目に映った。その時にgrowとは、人や植物が成長するという意味もあるということを思い出し、この名前には住まいの発展という意味とともに、住人が何かに挑戦し、成長することもイメージしていたのかもしれないと思ったのだった。

grow 物件概要

物件名称 growMAP 所在地 東京都港区赤坂6丁目9-17
賃料 --- 円 交通 東京メトロ千代田線「赤坂」駅徒歩5分
間取 1R 専有面積 ---
構造/階建て 鉄筋コンクリート造/地上3階 築年月 2006/03
総戸数 12戸 管理人
駐輪場・バイク置き場 設備
特徴 備考
特記事項 次回更新日

緑あふれる庭に建つシンプルなマンション

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

敷地内に入ると、しっかり整備された庭のような空間に直方体のマンションが建っている。ここだけがまるで現実と遮断された別空間のような雰囲気だ。正面は全面がガラス張りになっており、ホワイトやレッドに彩られた室内がお洒落だ。

共用設備もお洒落なデザイン

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3

集合ポストは赤いラインが入ったグレーのコンクリートに収まっており、何かのオブジェのように見える不思議なデザイン。そこにオートロックが備わっている。また敷地内には24時間利用可能なゴミ置き場があるため便利だ。

楽しみにあふれた赤坂サカスが至近

魅力-画像1魅力-画像2魅力-画像3魅力-画像4魅力-画像5

TBS放送センターを中心とした赤坂サカスが至近で、多くの人々が集まる楽しい施設が揃っている。ライブハウスのマイナビBLITZ赤坂やバラエティに富んだ演劇が公演される赤坂ACTシアター、様々なショップが入った赤坂BIZタワーなどがある。

MAP

951年に創建された赤坂氷川神社(約60m/徒歩1分)。現在の社殿は徳川8代将軍の吉宗のときに建立されたまま残されている。そして境内の至るところに江戸の年号の刻まれた鳥居や燈籠などがある。東京十社に数えられる赤坂の鎮守社で、多くの人々が訪れる。

951年に創建された赤坂氷川神社(約60m/徒歩1分)。現在の社殿は徳川8代将軍の吉宗のときに建立されたまま残されている。そして境内の至るところに江戸の年号の刻まれた鳥居や燈籠などがある。東京十社に数えられる赤坂の鎮守社で、多くの人々が訪れる。

セブン-イレブン港区赤坂駅南店(約310m/徒歩4分)は、ちょっとした買い物のときに便利に利用できる。

セブン-イレブン港区赤坂駅南店(約310m/徒歩4分)は、ちょっとした買い物のときに便利に利用できる。

赤坂氷川公園(約240m/徒歩3分)は江戸時代に赤穂藩浅野内匠頭の屋敷があった場所。現在では港区が管理するくつろげる公園となっている。

赤坂氷川公園(約240m/徒歩3分)は江戸時代に赤穂藩浅野内匠頭の屋敷があった場所。現在では港区が管理するくつろげる公園となっている。

エスプラナード赤坂通り(約630m/徒歩8分)には飲食店や様々なショップが並ぶ。洋風の街灯が印象的だ。

エスプラナード赤坂通り(約630m/徒歩8分)には飲食店や様々なショップが並ぶ。洋風の街灯が印象的だ。

吉池赤坂店(約390m/徒歩5分)は平日24時間営業で魚の品揃えが良いスーパーだ。

吉池赤坂店(約390m/徒歩5分)は平日24時間営業で魚の品揃えが良いスーパーだ。

赤坂通郵便局(約590m/徒歩8分)は土日もATMが利用できるため重宝する。

赤坂通郵便局(約590m/徒歩8分)は土日もATMが利用できるため重宝する。

簡単1分!資料請求はこちら

氏名
メールアドレス
電話番号
問い合わせの種類
希望の連絡方法
 
?プライバシーポリシー

※現在、この物件は空室がございません。



記事作成 2018/1/11 清水学

こんな記事も読まれています

Copyright 2016 Casa All Rights Reserved.